飛び込み

今日は朝から小雨の降る一日。

昨日は飛び込みのレッスンへ行って来た。
昨日は初の頭からの飛び込み。
最初に基本の姿勢と飛び込んだ後(入水)の姿勢を教わった。
両手を上に上げ、片方の手の平を上にして、もう片方の手は手首をしっかり掴み、両腕は両耳にくっつけるような姿勢でそのまま身体をかがめて手の平をプール水面に向けてそのままの姿勢でプール落ちていく感じで入水。
伸ばした手(手の平)で入水した時の衝撃から頭を守る感じ。

まずは手始めにプールサイドから姿勢をチェックしてもらい三回ほど飛び込み。
入水後は身体を”くの字”のように曲げて水中で一回転するようにする。
それをやらず競泳の飛び込みのように飛び込んでしまうと高い所から飛び込んだ場合、身体が反ってしまい腰にかなり負担がかかり腰を痛めてしまうそうです。
プールサイドでのチェックも終って今度は50cmほどの台の上から飛び込み。
これは一回の飛び込みでOKをもらって今度は1mの台へ。
これも一回でOKをもらって今度は3mの台から飛び込むことに。
3mまで上がると頭から飛ぶ場合はちょっと怖さを感じました。
今までと同じように飛び込んでみたがビックリたまげました。
まず驚いたのが入水した時の衝撃がすごくて掴んでいた手首を離してしまった。
元々右手が不自由なので左手首を掴む握力が弱いんだけど、とにかく衝撃にビックリたまげた。
さらに驚いたのが入水後一直線にプールの底まで潜っていくので水圧で耳が超痛くなった。
細かい注意を受けて二回目。
今度は衝撃は大丈夫だったが身体をくの字にするのが遅く、背中をプールの底で擦ってしまいちょっと痛かった。
耳はさらに痛くなった。
そんで三回目。
今度は入水後身体をくの字にするタイミングは良かったが耳が超痛くなり、浮上する前に耳抜きを慌ててした。
入水後一瞬の速さで水深5mまで潜っていくので耳に物凄い圧力が一瞬で加わってきてとんでもなく痛くなるのでこれには参りました。
他の人は大丈夫なのかと思い聞いてみたら、みんなも同じように耳が超痛いと言っていたので安心しました。
三回目が終ったところで耳と頭が痛くなりコリャダメだと思い、先週習った助走飛び込みをすることに。
これはオリンピック選手の動画を見て動きをイメージしていたのでかなり自信満々で楽しみにしていました。
しかし、イメージ通りには全く飛べず…
飛び板がしなってバランスが上手く取れずに真っ直ぐに飛べないんですよね。
イメージトレーニングだけではやっぱりダメですね。
でも助走してジャンプするまでのタイミングなどはすんなりできたので、あとは飛び板のしなりに早く慣れることかな。

それにしても3mからの飛び込みはたまげました。
次回は一度体験してどんな感じなのか分かったので、姿勢などを気にして飛び込んでみよう。
あともっと身体をやわらかくしないとこの先大変そう…

シンクロはプールサイドでストレッチを主にやってました。
[PR]
by santaro_03 | 2008-11-16 23:52 | 飛び込み