庭猫のクロ、ぱんだくんとラム通院

昨日庭猫のクロ、ぱんだくんとラム通院。
クロは股関節亜脱臼で動きが鈍いのと、人懐っこいので簡単に捕まるけど、ぱんだくんは時々は抱っこさせてくれるけどまだまだ警戒心がある。
母親には二匹ともかなり懐いており、母が買い物へ出掛けると二匹でずっと母のあとをついて歩く始末。
昔ミャーちゃんとムーニャンがノラ猫の時もそうだった。
そんな事でぱんだくんは母に捕まえてもらい二匹ともキャリーケースに無事入り病院へ。

最初にラムを診察。
先日耳の中を洗ってもらったがまた耳ダレが発生して再度洗ってもらった。
コッカスパニエルの中では耳はきれいな方だよと先生は言っていた。
って事は他のコッカスパニエルはもっと耳ダレがひどいってことなんだろうか…
次にクロを診察。
クロの足はまだまだ時間がかかりそうで耳掃除をしてもらい点耳薬をしてもらった。
まだまだ耳の中は汚れてた。
そんで次はぱんだくん。
ぱんだくんの耳もクロと同じで黒いカスが沢山でてきた…
顕微鏡で観察するとダニ発見。
点耳薬とダニ取りの薬をつけてもらった。
ついでにぱんだくんのタマタマは小さいのでもしかして去勢手術してあるのかな?とずっと疑問に思っていたので診てもらった。
やっぱり去勢手術してありました。
って事はぱんだくんは元々は飼い猫だったのか?
クロと兄弟と思っていたけど、もしクロとぱんだくんは兄弟で飼い猫だったらクロも去勢手術するよなぁ…と兄弟説に疑問が。
クロとぱんだくんが現れた時期はほぼ一緒でその時からいつも一緒にいて仲が良かったので兄弟だと思っていたんだけど謎です。
ちなみにクロは今年の春頃去勢手術をしてもらいました。
来週またクロとぱんだくん通院予定です。

風来坊のおんぢくんもきっと耳ダニがいるに違いない。
でもおんぢくんは絶対に捕まえる事ができないな…
[PR]
by santaro_03 | 2008-12-23 23:40 | 日々徒然