飛び込み20回目

飛び込みのレッスンへ行ってきました。
土曜日だけどいつも土曜日におこなっているレッスンではなくて、いつもの土曜日のレッスンは休みで水曜日におこなっているレッスンが土曜日に変更(今回のみ)になったので、内容は水曜日のレッスンと同じでした。

二週間ぶりの飛び込みで、腰に違和感がでてからストレッチと腹筋などやめていたので準備運動とストレッチをしたら身体がかなり硬くなってました。
おまけに立って軽く前屈したら右足の甲の部分にビリッと電気が走ったようになりしびれました…
三日くらい前から左側の腰がシクシク痛み、左側のおしりがつるような感覚が少しありあんまり腰の状態はよろしくないです。
なのでストレッチなどもほどほどに軽くやり、飛び込みも二週間ぶりなので軽くやるつもりでした。

今回は他の水泳場で練習している選手達がいました。
利用している水泳場が修理中のため(その水泳場でおこなわれる大会に三太郎は出る予定だったが飛び込みプール破損で修理中のため大会が中止になった)ここで練習する事になったようです。
その選手達のコーチは日本代表のコーチもしていた方で、土曜日と水曜日に教えてくれる先生の恩師だと紹介してくれました。
選手レベルの飛び込みは凄いですね、飛び込んだ時の水の音が全然違います。
そう言えば利用している水泳場の所長ってバルセルナ五輪の日本代表コーチをやっていた人なんですよね。
世界を相手に戦っていた人がこんなに身近にいるって凄いなぁ…って思いました。
時々フツーに受付業務やっていたりしてとっても身近に感じちゃいます。


そんな事でレッスン開始。
まずは前棒飛び。
二週間ぶりだったけど飛び板の感触が良かったです。
二本前棒飛びを飛んで後ろ棒飛びは三本。
先生からは細かく注意を受けたけど思ったより身体も動いてくれたので一安心。
先生から入水にいきましょうと言われジャンプ入水へ。
一本目はかなりオーバーになってしまいふくらはぎを強く打ってしまい失敗。
ありゃりゃ…と思っていたら先生からかなりオーバーになったけどそのくらいの気持ちで飛んだ方が良いですよ、少しずつ調整していけば良いのでと言われた。
二本目はオーバーにはならず。
三本目はジャンプしたあと手を広げてのジャンプ入水。
ちょっと腰が曲がってくの字のような形になってしまったがまずまず。
先生が次は助走つけてみましょうと言うのでその前に助走棒飛びを一本飛んでみた。
助走棒飛びはしっくりこなかったけど101Aに挑戦。
助走棒飛びがしっくりこなかったので、そっちの動作に気を取られてあえなく撃沈。
腹打ちと言うよりも膝から落ちたような感じ。
プールから上がってきたら三太郎の前に飛んだ女性の人から負の連鎖がうつっちゃったね、ゴメンネと言われた。
三太郎が飛ぶ前にその人も失敗して背中から落ちていた。(その人は高度な飛び込みに挑戦していた)
101A二本目に挑戦。
今度は少しは形になった感じだけどちょっとショートで腰がくの字になった感じで先生からも注意をうけた。
三本目を飛ぶ前に、三太郎の順番の二つ前に飛んだ人(高度な飛込みに挑戦)が派手に背中から落ちて背中が真っ赤になり、次に飛んだ人も失敗で同じく背中から落ちていて、周りのみんなが負の連鎖が始まった…と言っていて超プレッシャー。
そんで三本目、良い感じでプールの底まで沈んだのでけっこう良かったかもと思いながら水面に上がるとみんなが拍手してくれていて、先生が頭の位置や細かい事はまだまだだけど、この段階でここまで飛べれば十分オーケーですよと言ってくれた。
ここまで飛んで時間になり終了。

飛んでいる時に姿勢をこうしなきゃ、あーしなきゃって言うのがわかってきた感じなので、次回からその辺を注意して飛んでみよう。
他のメンバーは大会がありそれに向けた練習でけっこうピリピリした感じでした。
この大会は三太郎のレベルでは出場できないのでとりあえず進級テストに向けてがんばってみようと思ってます。
腰の状態がちょっと心配ですが…
[PR]
by santaro_03 | 2009-02-14 23:41 | 飛び込み