体育の日

c0027383_23582889.jpg体育の日の連休。
昨日は先日に続き大谷崩れへ行って来ました。
装備はツェルト、昼飯(二人分&ラムの分)、防寒着(二人分)、カッパ(二人分)、非常食、救急セット、コッヘル&お湯沸しセット、水4L。
天気も良くて空気も澄んでいました。(気温は17度)
できれば大谷崩れを登りきったところまで行きたかったけど前回と同じで中腹辺りで昼ご飯にして引き返しました。
ラムは今日も元気に歩いてくれて嬉しかったです。
ただ前回は昼ご飯を食べたあと引き返すつもりでいたら自分から登り始めたが、今回は自分から下山を始めたので中腹付近で満足だったのかな…
以前は吹雪になって引き返そうとしたらまだまだ行く気満々で山頂付近をジッと見つめていた事があり(ここを参照)、頼もしく思った事もあったが、もう無理はできないのでラムの意思に任せて行動する事に。
三太郎は前回よりも余裕がありだいぶ山に慣れてきた感じでした。
できれば今度は登りきって久しぶりに大谷嶺にでも行きたいですね。

同じ町内に友人(今年の夏富士山を0合目から山頂へ登り、9月の一ヶ月間イタリアで過ごしたヘンタイな友人)が住んでおり、早朝ケータイにメールがあった。
今日学区内の運動会があって玉入れと綱引きとリレーに出るんだけど三太郎さんは出ないんですか?と書いてあった。
返信する時間がなかったので登山から帰った夜『三太郎家は登山部門の大谷崩れ中腹でお昼ご飯を食べて引き返す競技にエントリーして参加してきました』と返信しておきました。

今日は水泳場でイベントがあり、体験飛び込みもあったので手伝いに行ってきました。
手伝いと言っても一般の方がキケンな飛込みをしないか監視員をやっただけなので、とくに手伝いと言った感じではなかったです。
それよりもシンクロの公開演技がありそれがちょっと楽しみでした。
飛び込みの練習の時、同じダイビングプールでシンクロの人達(小学生から高校生)が練習しているんですが、練習風景を見ているとけっこうハードで厳しいんですよね。
日頃厳しい練習を見ているのでその成果が見れるのではとちょっと楽しみにしていました。
迫力があってとっても良かったです。
飛び込みの練習は全然厳しくなく和気あいあいと言った感じでやっています。
シンクロの人達とは目指しているものも違うし趣味程度でやっているのでしょうがないですが…
もし先生が厳しくて鬼コーチみたいな先生だったら何人残るのかなぁ…なんて時々思ったりします。
ただ厳しい練習風景を見ているとちょっと懐かしく思ったりします。

小学生の頃から野球をずっとやっていたんですが、練習は正月の三が日以外毎日あり(試合があると正月の休みもなくなる)、練習は平日は17時~19時まで、試合がない土曜日日曜日は14時~19時までで、練習中は一切休憩なしで夏の炎天下水も飲んじゃダメ。
練習終了後にボールの数を数えてボールが足りないと30分以内に見つけないと、ボール一個につきグラウンド10周走らなくてはならなく、ボールが足りないとみんな必死で探しました。
たしか3個なくなった時があり30周走った記憶が…
それと1ヶ月に1度恒例の100本ノックがありこれが地獄でした…
スクイズの練習はコーチがわざと顔をめがけて投げてくるので、バットにボールを当てるのに必死でした。
失敗するとうさぎ跳びでグラウンド5周でした…
夏の暑い日はクラクラしながら練習してましたが誰も倒れる人もいなく昔はみんな丈夫でした。
今こんな感じで練習やったら親からクレームがきそうですね。
当時は当たり前のようにやってました。

体験飛び込みとシンクロの公開演技の時にテレビの取材が来ていてニュースで放送されていました。
男性のK先生がインタビューを受けている所も放送されており、テレビで見てもK先生はカッコイイなぁ…と頷いてしまいました。
そんな体育の日の連休でした。
c0027383_0293390.jpg

[PR]
by santaro_03 | 2009-10-12 23:53 | 野外活動