ペンタックス Optio WPi

c0027383_22492059.jpgペンタックス Optio WPiを購入してから出歩く時はいつも持ち歩いて、最近の登山&カヤックはいつもこれを使っている。
今までニコンとキャノンのデジカメを使っていてペンタックスのカメラはアナログも含めて初めて使った。
当たり前のことなんだけど、ニコンともキャノンとも違った描写になり、ちょっと嬉しかったりする。
とくに測光時の光りの読み具合が今まで使ってきたカメラよりも違う感じを強く受ける。
先日登山へ行った時に写したモノを見て改めてそう思った。(写真)
いつもコンパクトデジカメの時はだいたい露出補正を-0.7(-1/3)にしてプログラムオート、フォーカスは中央に固定。
なのでピントを合わしたところで露出が決まっていると思うんだけど、ニコンでもなくキャノンでもない写り方(露出の具合)でけっこう好きな感じ。
ただなんで?と思うくらいにアンダーに写ることもあってなかなか難しい面もある。
でも意図した通りの露出にならなくそれがまた面白かったりして、完全防水仕様だしなかなか楽しいカメラです。
[PR]
by santaro_03 | 2005-10-16 22:57 | 日々徒然