Optio WPi

c0027383_23232962.jpg昨年発売と同時に購入したデジカメ PENTAX Optio WPi。
なかなか頼もしいアイテムです。
描写については悪くもなく良くもなくという感じで、記録用として使っているので気にならず。
なによりも頼もしいのが本格防水・防塵なので雨が降っても気にせずガシガシ撮れて、汚れたらジャブジャブ洗えるので非常に頼もしい。
それと驚いたのは思ったより寒さに強い。
茶臼岳&上河内岳登山で茶臼小屋に泊まった時、明け方小屋内の気温がマイナス15度まで下がり、EOS 20D はバッテリーが使い物にならなく、だましだまし朝焼けの写真を撮影したが、Optio WPi はバッテリーの残量表示が残り僅かと表示しながらも、シャッターが押せなくなった事はなくフツーに使えた。
登山の時はカラビナが付いたソフトケースに入れて、ザックのショルダー部分にぶら下げて携行しているのでほとんど外気にさらされた状態。
先日行った大谷崩れ〜大谷嶺の時も同じように携行して、気温はマイナス10度で吹雪いているにもかかわらずフツーに使えてビックリした。

シェルパ斉藤さんのところへ遊びに行った時にこのカメラを見て
「あぁ〜!これって WPi ?これ欲しいんだよね… WP と比べて露出補正も簡単にできるし…シルバーは日本製なんだよね」
とやけに詳しく、最後には「これいらなくならない?まだ使う?」
と言われ、とられそうになった…
外で活動する人にとってこのカメラは非常に頼もしいアイテム。
これからも使っていこう。
[PR]
by santaro_03 | 2006-01-12 23:26 | 日々徒然