悲しい出来事

今日飼い猫のミャーちゃんを病院へ。
二ヶ月くらい前から左後ろ足の間接部分が腫れだし、それ以来病院通いをしている。
最初の診断では傷口にばい菌が入って炎症をおこしているのでは?との事で、現在は膿もでているので週二回は消毒してもらいに通院中。
今日も消毒をしてもらいに行くといつもより腫れがひどく、今までの経緯を見ると
「これは腫瘍で癌かもしれない」
と言われた…
年齢も約18才と高齢なので切断する事もできないので、今後は見守っていくしかできないと言われた。
今後どうなっていくのか怖くて聞けなかったけど、次回消毒しに行くときはしっかり聞いてこよう。
今まで病気もほとんどしなく、医者要らずできていたミャーちゃん。
ここ五年くらいで猫が四匹も増えてしまい、余生をのんびりと過ごさせる事ができなく可愛そうな事をしてしまったけど、今後もしっかり面倒をみていこう。

それにしても最近飼い猫&飼い犬がやけに病院のお世話になり、医療費がとんでもなくかかる状態。
カト吉は朝晩毎日インスリンの注射、ムーニャンは口にできものができていて(ミャーちゃんの子なのでもしかしたら喉頭癌?!)定期的に通院&注射と、計算するのが嫌なので計算はしていないけど毎月10万円以上薬代や治療費がかかっている。
この調子で他の猫達も病気になったりしたらペット破産!?にもなりかねないので、ペットの保険に入ろうかどうしようか思案中。
今のところ治療費はなんとか株の売買でしのいでいます。
今月は今のところ16万円の利益確定。
でも株の分析ってとっても難しい…
[PR]
by santaro_03 | 2007-05-15 21:34 | 日々徒然