TV番組

『エベレスト登頂:極限への挑戦』の五回目まで見た。
たぶん明日放送の回で終了。

よいよクライマックスになってきました。
二つのグループに分かれて登頂に挑んでおり、第一グループは途中二名がリタイアしたけど無事登頂成功。
リタイアした中に、喘息持ちで酸素ボンベナシの無酸素登頂に挑んだ人がいたが残念だった。
この人は他のメンバーよりも体力があり、いつもペースよく登っていたので酸素ボンベで登山していたらきっと成功していたんでしょうね。
無酸素で登る事を目標にしていたので残念でした。

現在は第二グループの二人が登頂に成功して、その中の一人は両足を凍傷で失くして義足での登頂。
世界初の事で凄いことです。
そんでこの第二グループはあと二人が頂上を目指して登っているんだけど、この二人はペースが遅く、残りの酸素も危ないのでベースキャンプから指示を出している隊長や同行しているシェルパから無理だから戻れと命令を出しても判断能力が低下して命令無視。
隊長が
「おまえが今いる辺りと前方右側に死体があるだろ」
「同じようになるぞ」
と無線で注意しても全く無視。(赤色の登山ウェアを着た人が凍りついて倒れてました…)
以前登山家の野口健氏がエベレストを登っているとあちこちに凍りついた死体が転がっていると言ったが本当の事だったと納得。
番組を見ているとかなり過酷そう。
他の登山隊もいるので、難しい場所になると渋滞が発生。
マイナス40度の気温で強風が吹く中一時間半も渋滞待ちで待機になったり。
なにもしないでボーっと待っていたらすぐに凍傷になりそうですね。

番組の中で時々山頂付近から見える周りの景色が映り、その景色がスンゴイです。
高い場所から見る景色って良いですね。
そんな事で影響されやすい三太郎はまた御嶽山に登りたくなった。
また秋になったら行こうかな。
その前に最近グータラしているから体力をつけないと。
それが問題だ…

写真は御嶽山に登った時の写真。
c0027383_2232372.jpg

[PR]
by santaro_03 | 2007-08-06 02:23 | 日々徒然