ノラ猫のクロ

c0027383_0483223.jpg今週の月曜日に庭に住みついているクロを見ると右うしろ足のアキレス腱の下にある間接部分が腫れているのに気がついた。
この部分は6月に亡くなった飼い猫のミャーちゃんが腫瘍ができた同じ箇所なので、もしかしたらミャーちゃんと同じように癌なの?
と、気になりおとつい病院へ連れて行った。
診察の結果は噛まれたかひっかけられて炎症がおきたのでは?
ミャーちゃんの腫瘍とは違うと思うと診断され、炎症止めの注射を打ってもらい薬をもらって無事帰宅。
でも噛まれたりひっかけられたような外傷が見当たらないので今でも気になっている…

薬は粉薬で朝晩二回の三日分でて昨日の朝から薬を飲ましている。
うちの猫達に薬を飲ませる時はとっても大変で、少量のマーガリンに粉薬を混ぜたものを指先につけ、猫を羽交い絞めにおさえて無理矢理口を開けさせて舌の上にマーガリンを塗って飲ませている。
はたしてクロは嫌がらず飲んでくれるのだろうか…と心配していた。

投薬初日の昨日の朝、クロは最近軒下に置いてあるダンボール箱に寝ているので、薬を混ぜたマーガリンを指先につけてダンボール箱を置いてある所へ行ってみたら箱の中でグッスリ寝ていた。
この子はノラ猫にもかかわらず、いつも寝ている時に近づいても気がつかず平気で寝ていて警戒心がまったくない。
昨日の朝も同じ状態で近づいてもスヤスヤ気持ち良さそうに寝ていて、しばらく寝顔を見ていてもいっこうに起きる気配なし。
しかたなくツンツンと突くとビクッと起きて三太郎を確認した途端いつもの調子で
「ウンニャ~ォ、ニャ~ォ、ニャ~ォ、ニャ~ォ、ニャー!ニャー!」
とバカでかい声で鳴き出した。
クロは自分に好意的な人を見ると相手がビックリするくらいのバカでかい声で鳴く。
大きく口を開けて鳴いているすきにマーガリンを舌に塗りつけるとムニャムニャといった感じですんなり投薬終了。
夜は庭にいたので抱っこして口を開けようとすると素直に開けてくれるのですんなりできた。
今朝も今夜もあっさり完了で、投薬後はしばらく膝の上で眠っていた。
とっても大人しく薬を飲んでくれてうちの猫も見習ってほしいくらい。

先ほどダンボール箱を覗いたらグッスリ眠ってました。
ほんとは飼ってあげたいんだけどね…
何事もなく早く治るといいな。
[PR]
by santaro_03 | 2007-10-12 00:53 | 日々徒然