おんぢくん

日曜日終わっちゃいました。
現在雨が降ってます。
天気予報では雪が降るようなことを言ってましたが、さてさて珍しく雪は降るのでしょうか?

c0027383_0152363.jpg先週の土曜日、カト吉の血糖値検査と茶太郎の年に一度のワクチン注射のため病院へ行ってきた。
カト吉の血糖値は110台で珍しく安定していました。
このままこのくらいをキープしてもらいたいものです。
ついでにノラ猫のおんぢくんの薬をもらってきた。
二週間ほど前からおんぢくんを見ると、目がショボショボしてクシャミ連発。
これは鼻気管炎では?と思いしばらく様子をみていた。

そして二週間前の土曜日、初顔のノラ猫の権兵衛さんがご飯の匂いを嗅ぎつけどこからかやってきた。
見た感じはノラ猫らしくとっても汚い容姿。
汚い容姿となるとチビの好み。
権兵衛さんがご飯を食べている姿を見てチビはキャーキャー黄色い声をあげて喜んでいた。
そこへおんぢくん登場。
おんぢくんの事が好きなチビのテンションはさらに上がる!
おんぢくんは自分の縄張りに入ってきた新顔の権兵衛さんが面白くないらしくすかさず威嚇、しかしクシャミ連発でなんだか情けない。
権兵衛さんも食べるのをやめて二匹で睨み合い。
そんな二匹の姿を見てチビは
『私のために喧嘩はやめて!』
と言わんばかりにシッポを振りながらキャーキャー黄色い声をあげ続けている。
結局権兵衛さんはどこかへ去っていった。
権兵衛さんが去ったあとおんじくんはしばらく縁台の上でジッとして権兵衛さんが再び戻ってこないように縄張りを守っていた。
次の日の日曜日、またまた権兵衛さん登場。
権兵衛さんを詳しく観察すると体毛の一部が抜けていて、口からはヨダレがでていてもしかしたら白血病か猫エイズに感染している様子。
うーん、これは困った…
と、思っていたらまたまたおんぢくん登場。
またまた睨み合いになり、ちょっと冷や冷やしていたらすぐに権兵衛さんは去って行った。
すぐに権兵衛さんが食べていたご飯を処分して新しくおんぢくんにご飯をあげると美味しそうに食べ、昨日と同じく縁台の上でジッとしていた。
いつもご飯を食べるとすぐに去ってしまっていたが、縄張りを守るために見張っている様子。
それから三日間くらい夜中も縁台で見張っているらしく、おんぢくんのクシャミが聞こえていた。

そんな事で先週の土曜日に動物病院へ行く予定があったのでおんぢくんも連れて行こうと捕獲しようとしたが捕まらず、症状を言って薬をもらってきた。
それからご飯の度に薬を混ぜてあげていたら、最近はクシャミも収まり目もショボショボした感じはなくきれいな顔になってきた。

できれば庭にくる猫達はみんな仲良くしてもらいたいけど、おんぢくんの縄張りを守る姿はとっても男らしくちょっと感動しました。
クロやぱんだくんには威嚇しないので仲間だと思っているのかな?

写真は上段が初代おんぢくんで下段が二代目おんぢくんでご飯ちょーだいのポーズ。
初代おんぢくんはこの写真を撮ったあと急激に痩せていき、ヨダレがひどくそのヨダレで体毛は固まって汚れがこびりついてしまい、最後はとても悲惨な姿になってしまいました。
この写真を撮った時はまだ懐いていなく、身体が弱ってきた頃に少しは懐いてくれて撫でてやるととっても気持ち良さそうな表情をしていました。
身体をきれいにしてあげようと拭いてあげると大人しくして気持ち良さそうにしていた仕草がいまでも忘れません。
一人淋しく旅立って行った時に
『優しくしてくれる人間もいるんだなぁ』
って思いながら旅立ってくれていたら嬉しいけど、どんな思いで旅立っていったのかな…

初代おんじくんが来るようになってからチビは昼寝をしないでずっと窓辺で待っていたので、おんぢくんが来なくなってからもしばらくはずっと窓辺で待ち続けていた。
来なくなってから一年以上経ったある日、ひょっこり二代目おんぢくんがやってきた。
一瞬初代おんぢくんに見えたのでそのままおんぢくんと名付けチビに
『おんぢくんが来たよー!』
と言うとすぐに窓辺に駆け寄りシッポを振りながらおんぢくんを熱い眼差しで見ていた。
それ以来チビは毎日昼寝をしないでおんぢくんが来るのを窓辺で待ってます。
チビのためにも病気しないでね。
[PR]
by santaro_03 | 2008-01-21 00:21 | 日々徒然