日本の政治

今日は珍しく政治の話しなど…

最近ニュースで株価暴落のニュースを頻繁に放送してます。
株をやっていない人には関係ない話しですが、株取引きをやっている三太郎は毎日どこまで下がるんだぁ~???!
って感じで毎日株価チェックしてます。
今年に入ってから日経平均株価は2,700円も下がっちゃいました。
昨年の秋からサブプライムローン問題が深刻になってから右肩下がりの急降下です。
サブプライムローン問題の話しを耳にしたのは一昨年なんだけど、その時アメリカのファンドが相当困っている話しを聞いたんだけど株価はほとんど下がらなかったので特に気にはしていなく秋頃から問題が表面化した途端に暴落が始まりました。
この暴落すんごいです。
今日は一日で752円下がり暴落です。
そんでとっても怒ってます。
暴落で損をして怒っているんではなく、(いちおうこの暴落でも有難い事に今月も今のところ利益がでています)この株価暴落について日本政府の各閣僚の発言は
『一喜一憂しない』
『アメリカが事の発端なので日本は関係ない』
と、のん気な事を言ってます。
この世界同時株安で先進国で一番下がっているのが日本市場なんですけど…
政府はなんにも対応しないで壊れたレコードのように
『景気は緩やかに回復』
とリピートするのみ…
この半年で日本市場の時価総額は120兆円以上も吹っ飛んでしまいました。
これってとんでもない事です。
なのに閣僚は関知せずと言う口調…
この暴落で個人投資家はたぶんすんごい損を出していると思います。
たとえば…
昨年よく上がって監視していた銘柄の三菱重工
昨年の高値は7月25日につけた905円。
こんな高いところでは買えないので、昨年8月17日の世界同時株安の時に買ったとして終値が654円なので654円で買ったとしましょう。
で、今日までジッと我慢して保有していたら…
今日の終値は384円です…
半値近くも下がってしまってます。
最低単元買っていたとして
654円×1000株=654000円
384円×1000株=384000円
654000円-384000円=270000円
今日まで保有していると27万円の含み損になってます。
最低単元で27万円なのでこれが2000株や5000株の保有だったらすんごい含み損になってます。
こんな銘柄がゴロゴロしてます。
いつかは買い値まで戻るかもしれないけど、それは1年先か5年先、10年先なのかそれともこれからダメな政府の対応で景気が悪化して株価は下がる一方になるのか…
中には含み損に耐えられなく損切りして処分している人もいるでしょう。
相当心理的にも悪化してます。
株価は景気の先行指標と言われてます。
それなのになんにも対応をとろうとしない政府。
リップサービスでも良いから『緊急に対策を講じるべき』と言えばかなり違うと思うんだけど…
そんなに怒るなら株をやらなければいいじゃん、と思う人もいると思うけど、株をやっていない人にも株価暴落は影響してきます。
株価暴落は景気の悪化、景気の悪化は企業業績の悪化、企業業績悪化で給料減る。
給料減るから家計が悪化。
家計悪化で支出が減る。
支出が減って小売業悪化。
小売業悪化で製造業悪化などなどと循環していきます。

日本政府と正反対なのがアメリカ。
対応が早いです。
先週14兆円規模の対策を講じると発表がありました。
でも市場は対策の規模が少ないと反抗してさらに暴落。
そうしたら先ほどFRBが0.75%の緊急利下げの発表がありました。
今月末に利下げがある予定だったのを前倒ししてきました。
その発表を受けてヨーロッパの各市場は株価が急速に戻してきました。
アメリカ市場も一時500ドル近く下がっていたけど今は130ドル安です。
130ドル安でも通常ならすんごい下げなんですけどね…
アメリカって戦争を起こすのも早いけどこういう対策を講じるのも早いですね。

そしてさらに怒ってるんです。
今日日経平均株価はすんごい暴落でした。
どこで一旦下げ止まって上昇するのかここ一週間ずっと分析していました。
20時頃から株の分析を始めて今日の下げ具合とその時間のアメリカの先物市場が暴落していたので、明日の日本市場もまたまた暴落して始まるのでそこが買いと思って寄り付き(始まった直後)に買おうといくつかの銘柄の注文をだしていました。
そうしたら緊急利下げの発表。
明日はこのぶんだと日本市場は500円くらい急騰しそうです。
せっかく一番安いところを虎視眈々と狙っていたのに…
今までの分析の苦労が…
またまた買い場の分析をしないとです。

それにしてもこんな日本の政府では行く末が心配です。
[PR]
by santaro_03 | 2008-01-23 02:36 | 日々徒然