旅立ち

c0027383_021621.jpg今日午前二時半頃、飼っていたセキセイインコのポポが旅立って行きました。
約12年とインコの中では長生きした方だと思います。

おとついまではとくに変わった様子もなかったんだけど、昨日の夜辺りから急にかごの側面にずっと張り付くようになったと思ったら、止まり木に止まれなくなり歩くしぐさもおかしくなって身体がブルブル震えだしてしまった。
昨日の夜は急に気温が下がって冷えたのでそのせいなのかな?と思ったけど、様子がおかしいのでヒナを飼う小型のかごにタオルを敷いて暖めるようにしたけど、最後は眠るように旅立っていきました。
様子がおかしくなったのが夜だったため、病院へ連れて行く事もできず原因不明のまま旅立ってしまったけど、かなりの高齢のおばあちゃんだったので老衰と思いたいです。

ポポは15年ほど前につがい(ポコ、ペコ)のインコのヒナを飼いその子たちから生まれた子でした。
飼い始めた時はまだ犬のムックリしか飼っていなく、その時は猫がいなかったのでインコを室内に放したりしてとても懐いてくれて手乗りインコになってくれた。
でもそのうち猫を相次いで飼うことになってしまい、かごから出すことができなくなってしまい、生まれたポポはずっとかごの鳥のままで自由に飛んだりすることができなかった。
鳥に生まれてきたのに飛ぶことができなかったなんてかわいそうだよね。
本当にごめんなさい。

猫のミャーちゃんとムーにゃん、カト吉にはインコにちょっかいを出してはダメと教えたらそれ以来ちょっかいを出さなくなったんだけど、チビと茶太郎はしょっちゅうちょっかいを出していたので、いつもかごの周りをガードしていたためあまりかまってあげる事ができなかったのをとっても申し訳なく思ってます。
両親(ポコ、ペコ)のインコが旅立ってからずっと一人だったのできっと淋しかったよね…
クラッシック音楽が好きでCDをかけると『ピーピー』とよく一緒になって歌ってました。

今頃はポコとペコに会えたかな…
もう自由に飛ぶことができるね。
本当にごめんね。
ありがとう。
[PR]
by santaro_03 | 2008-04-01 23:59 | 日々徒然