夜の海

とある人から帰りがけ
『砂抜きしてね』
と大ぶりで美味しそうなあさりを頂いた。

明日から家族は旅行へ行ってしまうので断りたかったが断れず受け取ってしまった。
このまま家族が帰ってくるまで塩水につけておけば大丈夫かな?
と思ったけど、帰ってくるまでに全滅になったらもったいないし、かと言って自分で調理するのも面倒だし、と思いどうしようと悩んだ。
ひらめいたのは海にかえしてあげようと思い、砂浜がある海岸へ雨の降る中クルマを走らせた。
途中ふとルチャド~ル副隊長の顔が頭をよぎり、他のお客さんからよく食材をもらって喜んでいるからきっと喜ぶに違いない、と思いルチャド~ル副隊長のお店へ。

喜んでくれると思ったらルチャド~ル副隊長の家族も明日から旅行へ行くらしく、面倒だからいらないと三太郎と同じ考えで断られた…
けっきょく最初にひらめいた海へ行くことに。

海に到着した時は雨風が強く最悪の状態。
傘もなかったので防水のジャケットを羽織ってビニール袋にたんまりと入ったあさりを持って砂浜を海へ向かって歩き出した。
予想以上に風が強く、雨は殴りつけるような感じで身体に当たり台風の実況中継を思い出した。
辺りは暗いので海の様子が分からなかったが、海岸線に近づくと荒れ狂った海が見えてきた。

最初は波が引いた時に砂の上にあさりを置いてあげようと思ったが、波が引く前にすぐにまたドカーンと波がやってくるので、丁寧にあさりを砂の上に置いていたらあっけなく波にすくわれ土左衛門になりそうなので心苦しいが
「ごめんよ~!」
と言いながら波に向かってあさりを投げて海へかえしてきた。
無事あさりを海に返しクルマに戻る頃には全身びしょ濡れ状態。
まさかこんな天候の時に海に来るとは思わなかった。
でも荒れ狂った夜の海はとっても迫力があり間近で見る事ができて良かったかな。
それにしても海にかえしたあさりは無事過ごしていけるのかな?
繁殖してあさりが大量に発生してあさりの名所になったりして…
そんな事を思いながら帰りました。
[PR]
by santaro_03 | 2008-05-03 00:01 | 日々徒然