2009年 12月 31日 ( 1 )

大晦日とカト吉

大晦日になりました。
今年も今日で終わりです。
本当は昨夜なんとかみんなで正月を迎えられそうですと、今年最後のブログを書こうと思っていました。

昨夜23時半過ぎにカト吉がピクピクして様子がおかしいと連絡を受けてカト吉のもとへ。
ちょうど昨日の夜、カト吉を見た時にストーブの前で寝ていると思ったら目を見開いてジッとしていたのでちょっと様子がおかしいな…と思っていた。
カト吉の所へ行くと身体がピクピクとして、今にも痙攣か発作がおきそうな状態だった。
最近のカト吉はだいぶ足に力が入らなくなり歩くのもやっとの状態で、足の踏ん張りが利かなく座っているのも大変な状態だった。
身体のピクピクの反応が徐々に大きくなったと思ったらいきなり大きな声で鳴き出して嘔吐を2回ほどして、その後痙攣と発作が始まった。
その後発作は2時間近く続き、体温も下がっているような感じだったので、重くなく身体に負担がかからないように冬用の寝袋を持ってきてそれをかけてあげた。
登山用の寝袋は温かいうえにとっても軽いんです。
一時的には発作がおさまったりしたが、しばらくすると大きな痙攣が起きたりまた発作が起きたりして、カト吉も舌を噛まないようにタオルを噛んだりしてがんばっている様子だった。
でもそんな姿を見ても『がんばれ!』と声をかけてあげられず、苦しく辛そうな姿を見て今までよくがんばった、もうがんばらなくてもいいんだよ…ありがとう…と声をかけ続けた。

朝になり動物病院へ電話して発作が起きていないようだったら連れてきて下さいと言われ病院へ。
血糖値はほぼ正常値で体温は36度台で低く、時間の問題かもしれないと言われた。
なるべく発作が起きず、落ち着いた状態で眠れるように鎮静剤を打ちましょうと言われ鎮静剤を打ってもらった。
カト吉はお腹に水がたまってかなり膨らんでおり、先週正月休みに入る前に水を抜くか相談したが、栄養分でもあるため、水を抜くと力が入らなくなる可能性もあるので、お腹が膨らみすぎて苦しい様子がなければ抜かないほうが良いと言われていたが、少しでも身体の負担を和らげるため水を抜いてもらった。
あんなに膨らんでパンパンになっていたお腹が縮んでかなり柔らかくなり、だいぶラクになったように見えた。
容態が急変したら電話を下さいと言ってくれ先ほど病院から帰ってきました。

今は鎮静剤が効いているようで病院へ行く前とは別人のように安らかな呼吸で眠っています。
病院の先生が今日も、ここまでうまく血糖値をコントロールできてよくがんばったとカト吉を褒めてくれました。
毎回通院する度に褒められていました。
カト吉の年齢は推定で20才近くなり、高齢にもかかわらずよくここまでがんばってくれました。
最近は足が弱く歩き回る事もなくストーブの前でずっと寝ているだけだったけど、ただそこに居てくれるだけでとっても嬉しいんです。
なんとかみんなで正月を迎えられそうだと思っていたけど今の容態を見ると厳しそうです。
できればこのまま発作が起きず、苦しい思いをしないでミャーちゃん、ムーニャンのところへ旅立っていって欲しいと願っています。

今年最後のブログがちょっと悲しい内容になってしまいましたが今年も一年ありがとうございました。
来年もボチボチ書いていきます。
良い年をお迎え下さい。
c0027383_11164081.jpg

[PR]
by santaro_03 | 2009-12-31 11:17 | 日々徒然