カテゴリ:日々徒然( 298 )

庭猫のパンダくん

今朝パンダくんが駐車場でうずくまったまま動かないと母から連絡が…
えー!またなの!!!!
と思い、駆けつけるとびしょ濡れになり手足は泥だらけの状態だった。
目つきはしっかりしているので少し安心したが、左後ろ足がダラリとした状態で歩けない感じ。
まだ病院が開く前だったが電話して診てもらう事に。

レントゲンの結果骨盤が骨折していた…
さらに骨折した骨盤が腸を圧迫しているようで、うんちやガスが肛門へ抜けない状態になっているようでお腹にかなりガスが貯まっていて、骨折してからだいぶ時間が経っているのでは?と先生が言った。
母が言うには昨夜22時過ぎに外で聞きなれない鳴き声で鳴いていた猫がいたと言った。
もしかしたら近くの道路でクルマに轢かれ、なんとか家の駐車場までたどり着いてそこで動けなくなり助けて~とうなっていたのでは?と推測してみた。
だとすると昨夜はけっこう雨が降っていたので朝までずぶぬれになっていたに違いない…
雨に濡れて動けなくなって心細かっただろうなぁ…と思い、もっと早く気がついてあげればと思った。
いつも一緒にいるクロは耳が聞こえないから鳴き声に気がつかなかったと思われる。

パンダくんはそのまま入院になり、肛門から指を突っ込んで腸を圧迫している骨を元に戻すようにやってみますと先生が言い、夕方骨は少し戻す事ができたと電話があった。
ただ回復するまでどのくらい時間がかかり、どのくらい元の姿にもどれるのか解らないと言われた。
元通りとまではいかなくても歩けるくらいになってくれれば良いけど…
8月に交通事故にあったばかりなのに…
退院したあとの事を考えないとならないけど、まずは少しでも早くよくなりますように…
明日クロを連れてお見舞いにいってこよう。
[PR]
by santaro_03 | 2009-11-12 23:59 | 日々徒然

追跡調査

先週末、10年以上前に椎間板ヘルニアで手術した担当の先生から電話があった。
追跡調査でその後経過はどうなのか一度診察に来てほしいと言われ今日診察に行って来た。
今年の1月に腰が痛くなり、飛び込みも少々おっかなびっくりでやっているところもあり、柔軟体操も軽めにやったりして気になっていたのでちょうど良かった。

レントゲンを6枚ほど撮り、とくに骨には異常は見当たらないがどうですか?と聞かれ、飛込みをはじめた事と1月にヘルニア初期の頃のような痛みがあり、かなり心配になり診察を受けようと思っていたらその後落ち着いたので様子を見ていた事を言った。
先生が
『椎間板の一つはもう壊れているので無理な運動はなるべく避けるように』
『もしかしたら他の椎間板にヒビが入っている可能性がある』
『ひどくなるようだったらMRIなどで調べるので無理しないように』
『よりによってなんで飛び込みをはじめたの?』
などなど言われた。
その後足の動きなどを検査してくれ、仰向けに寝た状態で右足を垂直に持ち上げられると右足に痺れが走り、以前と同じで右足親指は力が入らない事が解った。
そう言えば入院中こんな検査をしょっちゅうやったなぁ…とちょっと懐かしく思った。

ヘルニアになった時は最初腰が少し痛くなり、その後段々と腰に違和感がでてその後右側のおしりから太ももの裏側そしてスネの表側から足の甲親指にかけて激痛が走るようになり、一度この激痛が起きると身体をまったく動かせない状態になってしまった。

最初の頃は腰に違和感があっても大丈夫だろ…と仕事をして残業も月200時間近くやったりしていたが、無理がたたって激痛が起きて動けなくなり病院へ…
クルマも運転できる状態ではなかったのでタクシーで病院へ。

最初に行った病院は実家近くの総合病院だったが、レントゲンなど撮ったが原因が解らないと言われ痛み止めなどをもらって帰宅。
しかし一向に良くならず再度病院へ行ったらまたまた原因が解らないと頭を抱えられてしまい、とりあえずは入院して下さいと言われちょっと考えさせて下さいと言われ帰宅。
原因が解らないと悩まれて入院ってちょっと怖いなぁ…と思い別の総合病院へ。
同じようにレントゲンを撮ったがやはり原因は解らないが憶測ですが…と前置きして椎間板が損傷して神経を圧迫されて痛みが出ているのでは?と初めて原因らしい事を言ってくれ、この病院でも入院をすすめられてけっきょくこの病院へ入院する事になった。
この時に診察してくれた先生は整形外科で有名な先生らしくそのまま担当医になってくれ手術してくれた。
入院後MRIや造影検査などしてようやくヘルニアの箇所が見つかった。
ヘルニアの箇所はちょっと解り辛い箇所に発症しているらしく、先生から10年前に発症していたら調べる手立てがなかったので、医療の技術が発展した今発症してラッキーだねと言われた。

5年位前にも追跡調査だと言って電話をくれて診察をしてくれた。
今回もそうだけど前回の追跡調査の診察は無料でした。
レントゲンを撮る時に担当してくれた放射線の先生に追跡調査の事を聞いたら、先生が気になっている人を選んで順番に見ているようだと教えてくれた。
10年以上前に手術をした事を言うと驚いたようにあの先生らしいですねと言っていた。

5年前の追跡調査の電話をもらった時も思ったが、面倒見が良くてとても親切な先生だなぁ…と思い、こんな先生だったら安心して診察が受けれると思い、診察室を出る時深々と頭を下げてお礼を言った。

飛び込みを辞める時は腰がひどくなった時かな…
[PR]
by santaro_03 | 2009-11-10 23:59 | 日々徒然

ワールドシリーズ

アメリカのMLBワールドシリーズ、松井選手の活躍で優勝しました。
第一戦からずっと見ていて、ヤンキースを応援していたので優勝して良かった!
今日の三打席目のタイムリー2Bヒットを打った時に客席から『MVP!MVP!』と大歓声があがった時は鳥肌が立ちました。
観客の要望通りシリーズのMVPもとってワールドシリーズは大活躍で見ていてとっても楽しかったです。
レギュラーシーズン中は怪我などで来季は契約更新はないだろう…みたいなニュースがあったりしてどうなるんだろう…?と少々心配していたけど、大舞台になると勝負強い選手なのでちょっと期待はしてはいたんですが期待以上でした。
最近少々落ち込んでいたので、今日の活躍&優勝はとっても嬉しかった。
今年は春はWBCに夢中になって秋はワールドシリーズに夢中になり結果も良くて大満足でした。
あとは日本のプロ野球日本シリーズでジャイアンツが優勝すれば文句なしです。

松井選手は来年もヤンキースでやってもらいたいけど、怪我の事もありMLBはシビアなのでどうなんでしょう…
でも今まであのヤンキースでレギュラーとして出場していたのは凄い事です。
できればイチローもワールドシリーズで活躍してもらいたいですね。
[PR]
by santaro_03 | 2009-11-05 23:59 | 日々徒然

ノラ猫のおんぢくん

いつも庭においてあるご飯を食べに来るおんぢくん。
ご飯がでてくるまでジッと庭の石の上や塀の上で待っており、ご飯を食べた後も庭で昼寝をして過ごしたりしていた。
庭猫のクロとパンダくんもおんぢくんには一目を置いているようで、敵意を見せたりはしなかった。

そんなおんぢくんがもうかれこれ1ヶ月近く姿を見せなくなった。
以前も二週間くらい姿を見せなかった事があったのでそのうちひょっこり現れるかなと思っていたが、母がずっと姿を見せないと言っているので交通事故にでも遭ったのではと心配になった。
そんな事を思っていた先日の早朝近所の人が家にやってきた。
『○○幼稚園に猫の捕獲機が置いてあり猫が罠にかかっているようだけどお宅の猫では?』
と慌てた様子で言ってきた。
実家の近所に幼稚園がありそこで猫を捕獲しているようで、母はビックリしてクロとパンダくんが庭にいるか確認し、両猫ともいたのでホッと一安心。
知らせてくれた近所の人の話しではもう前から捕獲しているようで、最近近所の猫が見当たらなくなっていると言っていた。
母からその話しを聞いてビックリたまげて幼稚園へ電話。
園長に猫を捕獲しているのか?と聞いたところあっさり認めた。
話しを聞くと糞を多くして困っているので捕獲して、捕獲した猫は放していると言い以後はもうしないと言っていた。
動物指導センターに相談してやったと言っていたので、動物指導センターへ電話してみた。
幼稚園からの猫の預かりは今のところないと言っていた。

近所の人の話しでは以前から捕獲していたと言っていたのでおんぢくんは捕獲されてどこかへ連れて行かれてしまったのだろうか…(泣)
それにしても糞で困ってるからと言って教育機関である幼稚園が猫を捕獲するなんてビックリ仰天。
たぶん園児達はその事は知らないだろう…
もし知って園児達が幼稚園の職員達に質問したらなんて答えるんでしょう。
糞で困っているから捕獲したなんて言ったら、その子供は困ったら捕獲すれば良いと言う考えを植えつけられてしまうのではないでしょうか。
幼稚園としても捕獲なんて行為はやりたくないと思いたいが、たぶん園児の親達が子供が猫の糞を触って困ると苦情を言っているのかもしれない。
うんこくらい触ったら手を洗えば良いわけで、三太郎が子供の頃は野良犬が多くいて道路のあちこちにうんこが転がっていて、友達とうんこ投げ合戦をして良く遊んだりしました。
公園の砂場にも多く糞があったが全然気にしなかったし…
最近はなんでも抗菌なんて目につくので、ちょっとくらい汚い所にいた方が抵抗力がついて良いかもなんて思ったりもしますが、この幼稚園の対応は実際どうなんでしょうか…
困っているから捕獲なんて考えではなく、それならいっそ幼稚園で猫の面倒を見ちゃえって発想はしないんですかね。
園児の中には動物アレルギーや動物嫌いの子もいるかもしれないけど、みんなで面倒を見て世話をすれば命の大切さなどの道徳観も養えると思うけど…

話しはちょっとずれるけど、登山中や山間部近辺で熊に襲われて猟友会がでてきて即射殺ってニュースを見るとなんだかなぁ…といつも思います。
元々は熊たちの場所に人間が入っていくわけで、熊にしてみれば人間は侵略者なわけで、人間が動物達が食べる食料を開発や環境汚染などでどんどん失くしているんですよね。
なので食べ物を探しに山を下りたりするのは当たり前だと思うんですよ。
登山などは襲われないように鈴をつけたり声をだしたりして登山するんですが、もし熊に襲われても恨んだりはしません。
実際三太郎の手が不自由なのは動物に噛まれて不自由になってしまったけど恨んだりしてないし…
熊が生息しているところに熊が食べる木の実などの植生をしようなんて発想はしないのかな…なんていつも思います。

ちょっと話しがずれてしまいましたがとりあえずこの幼稚園ちょっといただけないですね…
この幼稚園を卒園したんですが悲しくなりました。
[PR]
by santaro_03 | 2009-10-28 23:32 | 日々徒然

ホームページ

昔から見てくれている方なら知っていると思いますが以前はホームページを運営していました。
主に撮影した写真、コンピューターグラフィックで描いた画像、DTMで作った音楽、それらを組み合わせたページなどをやっていました。
ブログタイトルの『one day』もホームページをやっていた頃の名残りです。

コメントを寄せてくれたのをきっかけにハードディスクのホームページのフォルダを見たらちょっと懐かしかったです。
今日は当時掲載していた画像を一部載せておきます。

クリックすると大きくなります。
c0027383_23124673.jpg

c0027383_2313984.jpg

[PR]
by santaro_03 | 2009-10-17 23:13 | 日々徒然

カッパ

雨降りの日にちょこっとその辺へ出かける時に防水性が良かったノースフェイスのウィンドブレーカーを着てよく出かけてました。
ナイロン地で擦れるとシャカシャカ音がするような生地でできていて、保温性はないけど薄くて軽いのでとても気に入っていたが、劣化のため裏地が剥離してボロボロになってしまい、着ていると裏地がボロボロ落ちてゴミを撒き散らす感じになってしまった。
代わりの物を探していたがなかなか良い物が見つからず、結局モンベルのレインダンサーのジャケットを先日購入。

主に雨降りの時に着るし保温性は必要ないのでカッパでいいじゃんって事になった。
でも見た感じカッパってわかるのも嫌だしと思い、先日東京へ行ったついでにモンベルショップへ行きいくつかある種類の中から実物を見て購入。
昨日雨だったので早速着たらなかなか良いです。
とっても軽いし雨はよく弾いてくれるし、なによりゴアテックスなので蒸れにくいのが良いです。
以前着ていたノースフェイスの物は透湿性がまったくなかったので蒸れたりして裏地が汗をかいている事が何度かあった。
ただカッパは現在3種類持っているので、それなら持っているカッパのジャケットを着ればいいじゃないか…と思ったが、持っているのはモンベルのストームクルーザーとレインフィルダーだかレインダンサー、ノースフェイスのゴアテックスの超軽量のカッパ。
ストームクルーザーは登山用に買ったので色が派手なのでダメ、レインフィルダーだかレインダンサーは京都にある大徳寺の修行僧氏から貰ったものでもったいないのでダメ、ノースフェイスのゴアテックスの超軽量のカッパは薄すぎて日常で使うと破れそうでもったいない…
そんな事で日常ガシガシ使いたいので別に買うことにしました。

モンベルショップなのでほとんどの商品が揃って展示してあるので前から気になっていたムーンライトテント3型を見たいなと思ったが、設営してあるものがなくスタッフバッグに入っている物しか見れなかった。
テントは二人用の物は山岳用のテントしか持っていなく、前室が狭いのとキャンプ場で使うと周囲のキャンピングテントと比べるとちょっと恥ずかしいくらいに小さく見える。
キャンピングテントは大掛かり過ぎて設営も面倒なのでパスで、本当はMSRのフューリーが欲しいけど価格が高すぎるのでパス。
アライテントのドマームかエアライズDXフライ仕様もいいかな…と思ったが、けっきょく山岳用テントみたいなドーム型なのでう~ん…って感じ。
ムーンライト3型は昔懐かしい三角のテントなのが魅力的。
月明かりの中でも素早く設営ができるのでムーンライトって名前なんですが、友人が1型を持っており、キャンプした時に設営を見ていたらほんとに簡単そうだったので、3型も設営がラクそうなのも魅力的。
とっても欲しいけどコンパクトデジカメも欲しいので悩み中…
最近アウトドアの物がモンベル製品が増えてきた。
中越地震のボランティアでモンベルから無償で用具を提供してくれ大変助かったのでできるだけモンベルを使うようにしてます。
c0027383_0323785.jpg

写真はモンベルのサイトから拝借、影は画像処理しました。
クリックするとちょっと大きくなります。
[PR]
by santaro_03 | 2009-10-01 23:59 | 日々徒然

遭難事故発生

c0027383_1281086.jpg山岳会の知り合いの人から最近山へ行ってる?とメールが来て、一昨年遭難事故があり昨年遺骨が発見された山でシルバーウィーク中にまた遭難事故が発生したようで、山へ行ったら周りを注意して見といてと書いてあった。
昨日山岳会の方達で大掛かりな捜索をしたようでちょうど昨日はその近辺にいたんですよね…
昨日行った周辺の山では一昨年だったか昨年だったか遭難事故があり、こちらはまだ遺骨は発見されてません。

シルバーウィーク中に行方不明になった方は今日現在まだ発見されていないようで、日数的に生存の可能性はちょっと厳しそうです。
ここ数日気温が高い日が続いたけど山間部は朝晩冷えるだろうし、怪我をして動けない状態の場合は低体温症になってしまいどんどん体力が落ちていきます。

これから登山を始めようと思っている方は低山で近くの山でも十分な装備をしましょう。
お湯を沸かす道具はもちろんですが、使わなくてもストック(杖)も装備にくわえて持っていくと良いです。
万が一足をくじいたり、足を踏み外して転んで骨折などした場合動きの補助になります。
あるのとないのでは全然違います。
それとお湯を沸かす道具は必ず持って行きましょう。
火があるとそれだけで精神的にかなり違います。
タバコを吸わなくてもライターなども装備にくわえると良いです。
それと何かあった場合を考えて三日間くらいは栄養補給ができるくらいの非常食を用意しましょう。
それと一番大切な事は家族や他の人にどこの山へ登るのか伝えておくこと。
下山予定を過ぎても帰宅しなければ家族などが捜索願を出してくれます。
天候が悪くなければ捜索隊が出動してくれます。
昨日行った山の登山道入り口に登山カードを提出するポストが設置してありました。
以前は置いてなかったんですが新しく設置してくれたようです。
登る山に登山カードが置いてある場合は必ず登るルートを記載して提出しましょう。
それともし迷ってしまいウロウロしない方が良いのですが、ウロウロする場合は木の枝などに何か目印を付けておくと良いです。
捜索隊がその目印を発見してその近辺を重点に探してくれる場合もあります。
とにかく十分な装備で登るのが大切です。
ザックが重いと思ったらそれくらい背負える体力をつけてから登った方が良いです。
とにかく装備は大切です。
何かあった時にあれを持ってくれば…とかなり後悔します。(経験者)
山は自然が豊かで景色も良くとても気持ちが良い場所だけど、何かあった場合は表情が一変して怖いです。
[PR]
by santaro_03 | 2009-09-28 23:57 | 日々徒然

c0027383_1523713.jpgディスカバリーチャンネルでアラスカ州アンカレッジ~ノームの間1600kmを10日間から15日間ほどかけて競う犬ぞりのレースを放送していた。
最初から見る事ができなく途中から見て昨日録画しておいた最終回を見た。
番組の内容はこちらをクリック。

2チームが僅差で優勝を競っていて、最後は駆け引き(休憩すると見せかけ相手が寝ている隙に出発して差をひろめて優勝)により優勝を勝ち取って終了。
1600kmも広大なアラスカを犬ぞりで走り抜けるって凄いですよね。
とっても憧れます。
操縦している人も凄いけど、そりを引いている犬達がとっても凄いです。

以前アラスカで2回ほど犬ぞりに乗りました。
最初は観光用の犬ぞりで、登り坂に差し掛かると乗っているのが悪いくらいに犬達は元気がなくなり途中で降りたくなった。
2回目に乗った時はタルキートナのマッキンリー麓の山間地にある場所へ行くための移動手段として犬ぞりに乗りました。
半日以上犬ぞりに乗っての移動で、この時に乗った犬ぞりがこのアイディタロッドに出場している犬達の犬ぞりでした。
12頭の犬達がマッシャー(犬ぞり使い)の掛け声で元気良くスタートしてグイグイ引っ張っていき、1時間経ってもペースは変わらずで走りながらうんちやおしっこをしたり、喉が渇くと走りながらガブッと雪を食べたりして凄かったです。
観光用の犬ぞりとはまったく違い頼もしい犬達だった。

途中休憩時にそりの操縦を教えてもらった。
まずはリーダー犬によろしくお願いしますと挨拶をする所から始めて先頭にいるリーダー犬に合図を送り走り出した時はとっても嬉しかったです。
観光用の犬ぞりはちょっと犬達がかわいそうに思ったけど、レースに出場している犬達は走るのがとっても好きな犬達ばかりなんですね。
アラスカの大自然の中、犬とマッシャーと三太郎だけの空間が何時間も続いて不思議な空間でした。

右上の写真は植村直己さんが眠っている北米大陸最高峰のマッキンリー山(標高6194m)。
ちなみにこの近くで夜狼に囲まれそうになり慌てて逃げました。
下のおっちゃんは三太郎の理解不能な英語を根気良く理解しようとしてくれた、お世話になった犬ぞりのマッシャー。
帰りがけに犬達はおまえの事を気に入ったようだ、また会おうと言って犬ぞりの絵柄のトレーナーをくれた。

残念な事は犬ぞりの写真を1枚も撮らなかったんですよね…
最初犬ぞりの支度をしている時に写真を撮ろうと思ったが、忙しく支度しているところをのん気に写真撮ったりしたら悪いかな…と思い、手伝おうと思ったが語学が堪能でないためオロオロしているうちに出発となり、結局撮るのをやめてしまいその後も撮らなかったと言うか撮れなかった。
今考えるとよくこんな旅ができたなとちょっと驚きです…
c0027383_15232881.jpg


写真はまだデジカメがない時代だったのでプリントを久しぶりにスキャナで取り込んで使用。
この時に行ったアラスカは気温が0度からマイナス20度くらいでとても暖かかった。
この1ヶ月前に行ったアラスカではマイナス65度まで気温が下がった日があった…
[PR]
by santaro_03 | 2009-09-24 23:58 | 日々徒然

9年連続200本安打

イチローやりました!
春のWBC決勝戦で逆転決勝打を打って世界一になってからずっと9年連続200本安打が気になっていました。
シーズン前にWBCがあり胃潰瘍で出場が遅れて、先日は怪我で出場停止になったりして大丈夫か?と心配していましたが今日見事に達成!
200本目はホームランを狙ってくるかな…なんて思っていましたが、イチローらしい内野安打での達成でした。
108年ぶりの記録更新って凄いですよね。
この記録を破られる時は100年後?!
こんな偉大な選手が日本人で同じ時代を過ごしている事がとっても嬉しいです。
残りの試合も怪我をせずがんばって下さい。

日本のプロ野球もそろそろクライマックスに近づいてきました。
今年は巨人にリーグ優勝して日本一になってもらいたいなと思ってますが…
巨人ファンではないんですが、シーズンが始まる前の大変な時に監督と選手をWBCに送り出して大変だったと思うのでできれば巨人が優勝。

200安打達成してほんと良かった!
[PR]
by santaro_03 | 2009-09-14 23:59 | 日々徒然

富士山

先週ルチャドール副隊長から
『富士山に登るからストック貸して』
とメールが来た。
詳しく話しを聞くとホセと前泊(夜中に五合目に到着して車内で仮眠)して夜が明けきらない早朝から登り始めて山頂を目指すとのこと。
夏の富士登山はあまり興味がないけど五合目で車中泊はかなり興味あり。
五合目だと星がきれいに見えるんですよね。
以前から一度五合目で車中泊してみたいと思っていた。
車中泊と言っても所有しているクルマは後ろのシートを倒すとフルフラットになり、そこへシュラフマットを敷いてシュラフで寝るととっても快適に寝れます。

c0027383_0362062.jpgルチャドール副隊長は富士登山に向けてホセのザックをネットで注文したらしいが、ザックの入荷予定が登山当日になるかもしれない事に気がつきどうしたものかと悩んでいる様子だったので、使っていないコロンビアの35Lザックを貸すことになり飛び込みの帰りに渡してきた。
金曜日までに注文してあるザックがやはり入荷が遅くなるようだったら、近所のアウトドアショップでザックを購入するのでいちおう保険として借りておくとのこと。
三太郎としては貸したザックはもう何年も出番がなく使ってないので日本一高いところへ連れてってあげて欲しいと思っているんだけど…
凧も持って行く?と言ったら却下された。

先月友人がゼロ合目から富士山山頂を目指し登った。
山小屋で一泊して見事登頂。
その友人は火を起こす道具を持っていないと言うので、万が一の事を考えて火を起こす道具くらい持って行った方が良いと言ってEPIのガスストーブとコッヘルを貸してあげた。
以前大勢で富士山に登った時途中から台風のような天候になり、山頂ではトイレに避難してみんな寒さでガタガタ震えていたが、その中に火を起こす道具を持っていたのは三太郎だけでビックリ仰天。
トイレの管理人に火を使う許可をもらい、お湯を沸かして白湯とコーヒーをみんなで回し飲みして身体を温めた。
何が起こるか分からないので装備は大切です。
そんな事でEPIのガスストーブとコッヘルも先月日本一高いところへ連れて行ってもらった。
持ち主の本人は登る予定なしだったりします…
でも山頂で凧をあげたいんですけどね。
[PR]
by santaro_03 | 2009-09-10 00:43 | 日々徒然