飛び込み65回目

飛び込みのレッスンへ行ってきました。
前回のレッスンで男性のK先生から新しい種目をそろそろと言われていたので今日は新しい種目を教えてもらおうと決めてちょっと気合いを入れて水泳場へ。
準備運動が終わるとK先生が中級と上級と分かれておこなうと言い、今日は新しい種目を教わろうと思ったのに…(K先生は上級者のレッスンになる)と思い、女性のY先生に相談。
Y先生がK先生に相談してくれて前宙返りの回転をY先生が教えてくれる事になった。
前宙返りはたしか昨年の暮れだったか今年の初めに一度だけこんな感じで練習をするんですよ程度に教わった事がありそれ以来だったので、レッスンに入る前にマットで前転を数回やってイメージ。
その後プールサイドでY先生に教わりながら練習。

手は万歳の格好で、サッカーのスローイングをするような動作をしながらジャンプして回転して入水のイメージ。
プールサイドで跳躍力もなく回転も遅いので何回も背中から落ちて背中が真っ赤になり痛かった…
Y先生が1mからだったらうまく回転できるくらいになったよと言ってくれて1m台へ移動。
回転して足を抱えている手を放し、足を延ばすタイミングの時にY先生が声をかけてくれると言い1本目。
背中から落ちる事はなかったが、足を延ばすのが遅くお尻から落ちる感じ。
そんな事が数回続いた…
それとジャンプする時に前にジャンプしているのでもっと上に飛ぶように言われ、その辺を意識して飛んだら足から入水できてだいぶ良い感じになったと言われた。

今日は上級者と中級者と分かれてのレッスンで、中級者は三太郎を含めて三人しかいなくすぐに順番が回ってくるので、最初は疲れたなぁ…と思いながら飛んでいたが、いつのまにか夢中になって飛んでいてけっきょく休む間もなく飛んでいた。
だいぶ良い感じになったと言われ次は前棒とびを飛ぶような動作でと言われ、最初の構えは手を横に広げて棒飛びを飛ぶような動作でやってみたが回転に勢いがつかなく足を抱える事ができなかった。
それと回転中アゴが上がっていてそれも回転に影響している感じ。
数本飛んでだいぶ良い感じになってきたと言われ今度は助走から行ってみようと言われ、大丈夫かなぁ…と思ったがどうもイメージが掴めなくY先生に聞いたら101Cを飛ぶような動作で良いので一回101Cを飛んでみようと言われ101Cを飛んでみた。
足を抱えて入水の姿勢へ…と思ったら身体が回転してうまく入水できなかったがY先生からそれで良いと言われた。
ずっと回転の練習をしていたので身体がその動作に慣れてしまっているからだよと言われた。
そんな事で助走からの回転を飛ぶ事に。
助走した分だけさっきより高く飛べているのがわかったがなんだかしっくりこなく、回転の勢いが強く顔と胸を水面に打って痛かった…
まだアゴが上がっているので足の抱えが足りなく足を延ばしても回転が止まらない感じ。
その後もっと上に飛ぶように意識して飛んだら少しは良くなってきた感じだったがアゴが上がってしまうのはなかなか修正できずでした。
そんな事で時間になり終了。
Y先生から初めてでここまで飛べればOK牧場と言われ、次回は一回転半ができますよと言われた。
今日は新しい種目だったので無我夢中でやっていて時間が経つのがあっという間でした。
[PR]
by santaro_03 | 2009-09-30 23:59 | 飛び込み

遭難事故発生

c0027383_1281086.jpg山岳会の知り合いの人から最近山へ行ってる?とメールが来て、一昨年遭難事故があり昨年遺骨が発見された山でシルバーウィーク中にまた遭難事故が発生したようで、山へ行ったら周りを注意して見といてと書いてあった。
昨日山岳会の方達で大掛かりな捜索をしたようでちょうど昨日はその近辺にいたんですよね…
昨日行った周辺の山では一昨年だったか昨年だったか遭難事故があり、こちらはまだ遺骨は発見されてません。

シルバーウィーク中に行方不明になった方は今日現在まだ発見されていないようで、日数的に生存の可能性はちょっと厳しそうです。
ここ数日気温が高い日が続いたけど山間部は朝晩冷えるだろうし、怪我をして動けない状態の場合は低体温症になってしまいどんどん体力が落ちていきます。

これから登山を始めようと思っている方は低山で近くの山でも十分な装備をしましょう。
お湯を沸かす道具はもちろんですが、使わなくてもストック(杖)も装備にくわえて持っていくと良いです。
万が一足をくじいたり、足を踏み外して転んで骨折などした場合動きの補助になります。
あるのとないのでは全然違います。
それとお湯を沸かす道具は必ず持って行きましょう。
火があるとそれだけで精神的にかなり違います。
タバコを吸わなくてもライターなども装備にくわえると良いです。
それと何かあった場合を考えて三日間くらいは栄養補給ができるくらいの非常食を用意しましょう。
それと一番大切な事は家族や他の人にどこの山へ登るのか伝えておくこと。
下山予定を過ぎても帰宅しなければ家族などが捜索願を出してくれます。
天候が悪くなければ捜索隊が出動してくれます。
昨日行った山の登山道入り口に登山カードを提出するポストが設置してありました。
以前は置いてなかったんですが新しく設置してくれたようです。
登る山に登山カードが置いてある場合は必ず登るルートを記載して提出しましょう。
それともし迷ってしまいウロウロしない方が良いのですが、ウロウロする場合は木の枝などに何か目印を付けておくと良いです。
捜索隊がその目印を発見してその近辺を重点に探してくれる場合もあります。
とにかく十分な装備で登るのが大切です。
ザックが重いと思ったらそれくらい背負える体力をつけてから登った方が良いです。
とにかく装備は大切です。
何かあった時にあれを持ってくれば…とかなり後悔します。(経験者)
山は自然が豊かで景色も良くとても気持ちが良い場所だけど、何かあった場合は表情が一変して怖いです。
[PR]
by santaro_03 | 2009-09-28 23:57 | 日々徒然

渋谷とトレッキング

昨日の土曜日は用事があり東京へ。
久しぶりに渋谷へ行きました。
人多過ぎで人酔いしそうでした…
田舎に住んでいるのであんなに大勢の人を見ると何かお祭りでもあるの?って思うくらいに人がいてビックリしました。
週末や休日はいつもあんなに混んでいるんでしょうね。
以前東京に住んでいた時ってあまり渋谷へは行かなく土地勘もなかったので迷子になりそうでした。

c0027383_23501068.jpg今日は大谷崩れへトレッキングに行ってきました。
大谷崩れへ行ったのはとっても久しぶりで、体力つける時はいつもここを登ってます。
ちょっとこれから冬に向けてまた登山を再開しようと思っているんですが、一度怠けきった身体を昔のように戻すのは大変です。
大谷崩れを登りきり、近くの山に大谷嶺(標高2000m)があるんですが、そこまでは無理なのでうまくいけて大谷崩れを登りきった乗越し、最低でも大谷崩れの半分くらいまでと思って登りました。
ラムも一緒なのでラムの様子に注意しながら歩いた。
気温は20度と高かったのでかなり汗だくになりました…
装備はツェルト、昼飯(一人分&ラムの分)、防寒着、カッパ、非常食、救急セット、コッヘル&お湯沸しセット、水2.5L(水はちょっと少なかったかも)、ヘッドランプなどでミレーのザックはスカスカでした。

森を抜けて大谷崩れのガレ場にでたところで少し休憩。
軽くお菓子を食べたりラムにおやつをあげたり水分補給。
ラムは今年で12才、人間の年齢だと64才に相当するのでもうおばあちゃんなんですよね。
前回ここへ来た時は休憩後いきなり下りだしたのでそこでストップして引き返しました。
今回はどうだろう?と思っていたら休憩後上に向かって歩き出したので乗越しを目指す事にした。
ここまでくればリードを外しても大丈夫なのでリードを外してラムの歩く様子をラムの後ろから見ながら歩いた。
休憩地点から5分くらい歩いたところでラムの後ろ足がちょっとプルプル震えながら歩いているような感じに見えた。
気持ち的にはまだまだ行けそうだけど身体がついていけないような感じで、三太郎もけっこうしんどかったのでここまでにしてラムを呼んで戻るよと言い聞かせてそこで昼飯にして下山。
下山も快調に歩いてくれて良かった。
三太郎の方は下山時に膝が痛くなるのではとちょっと心配していたが痛くならずに下山できた。
でも乗越しまで行っていたら膝が痛くなっていたかも…

ラムと一緒だとラムに合わせないとならないのであまり体力作りにはならないけど、一年後ラムの身体が山登りできる身体でいてくれるのかわからないので(犬の13才は人間の68才)、歩ける時にできるだけ多く一緒に歩きたいと思ってます。
ラムは山登りがほんとに好きなようですっごく嬉しそうに歩くんですよ。
そんな嬉しそうに歩く姿を見るとこっちまで嬉しくなります。
[PR]
by santaro_03 | 2009-09-27 23:50 | 野外活動

c0027383_1523713.jpgディスカバリーチャンネルでアラスカ州アンカレッジ~ノームの間1600kmを10日間から15日間ほどかけて競う犬ぞりのレースを放送していた。
最初から見る事ができなく途中から見て昨日録画しておいた最終回を見た。
番組の内容はこちらをクリック。

2チームが僅差で優勝を競っていて、最後は駆け引き(休憩すると見せかけ相手が寝ている隙に出発して差をひろめて優勝)により優勝を勝ち取って終了。
1600kmも広大なアラスカを犬ぞりで走り抜けるって凄いですよね。
とっても憧れます。
操縦している人も凄いけど、そりを引いている犬達がとっても凄いです。

以前アラスカで2回ほど犬ぞりに乗りました。
最初は観光用の犬ぞりで、登り坂に差し掛かると乗っているのが悪いくらいに犬達は元気がなくなり途中で降りたくなった。
2回目に乗った時はタルキートナのマッキンリー麓の山間地にある場所へ行くための移動手段として犬ぞりに乗りました。
半日以上犬ぞりに乗っての移動で、この時に乗った犬ぞりがこのアイディタロッドに出場している犬達の犬ぞりでした。
12頭の犬達がマッシャー(犬ぞり使い)の掛け声で元気良くスタートしてグイグイ引っ張っていき、1時間経ってもペースは変わらずで走りながらうんちやおしっこをしたり、喉が渇くと走りながらガブッと雪を食べたりして凄かったです。
観光用の犬ぞりとはまったく違い頼もしい犬達だった。

途中休憩時にそりの操縦を教えてもらった。
まずはリーダー犬によろしくお願いしますと挨拶をする所から始めて先頭にいるリーダー犬に合図を送り走り出した時はとっても嬉しかったです。
観光用の犬ぞりはちょっと犬達がかわいそうに思ったけど、レースに出場している犬達は走るのがとっても好きな犬達ばかりなんですね。
アラスカの大自然の中、犬とマッシャーと三太郎だけの空間が何時間も続いて不思議な空間でした。

右上の写真は植村直己さんが眠っている北米大陸最高峰のマッキンリー山(標高6194m)。
ちなみにこの近くで夜狼に囲まれそうになり慌てて逃げました。
下のおっちゃんは三太郎の理解不能な英語を根気良く理解しようとしてくれた、お世話になった犬ぞりのマッシャー。
帰りがけに犬達はおまえの事を気に入ったようだ、また会おうと言って犬ぞりの絵柄のトレーナーをくれた。

残念な事は犬ぞりの写真を1枚も撮らなかったんですよね…
最初犬ぞりの支度をしている時に写真を撮ろうと思ったが、忙しく支度しているところをのん気に写真撮ったりしたら悪いかな…と思い、手伝おうと思ったが語学が堪能でないためオロオロしているうちに出発となり、結局撮るのをやめてしまいその後も撮らなかったと言うか撮れなかった。
今考えるとよくこんな旅ができたなとちょっと驚きです…
c0027383_15232881.jpg


写真はまだデジカメがない時代だったのでプリントを久しぶりにスキャナで取り込んで使用。
この時に行ったアラスカは気温が0度からマイナス20度くらいでとても暖かかった。
この1ヶ月前に行ったアラスカではマイナス65度まで気温が下がった日があった…
[PR]
by santaro_03 | 2009-09-24 23:58 | 日々徒然

シルバーウィーク

シルバーウィーク終わっちゃいました。
c0027383_022548.jpgシルバーウィークは登山&キャンプを予定していましたが、天候がイマイチそうだったので登山のみでした。
登った山は笹山(標高1763m)でガイドブックを読むとアップダウンがきつくなく登山道入り口から1時間ほどで眺望は抜群と書いてあったので、ラムを連れての足慣らしには丁度良いかなと思い笹山にした。
しかしこの笹山はクルマで二時間近く走らないとならなく、歩く時間よりクルマに乗っている時間の方が長いんですよね…

初めて行く山なので登山道の入り口がわからずここなのでは?と思い歩きはじめた道を行くと20分で山頂に到着。
どうやらガイドブックに載っていた登山道入り口を間違えた様子。
楽しみにしていた眺望は山頂周辺の木が高くて全然眺望が良くな残念。
ガイドブックは15年以上前に親父が使っていた物なので、木が生長して高くなってしまったようです。
天候も周囲は霧がでていたので木がなくてもあまり眺望は期待できなかったかな。
それよりも20分で到着してちょっと拍子抜けでした。
装備は初めて登る山だったので万が一を考えてツェルト(簡易テント)ではなく山岳用のテント、昼飯の弁当二人分、防寒用のフリースなど二人分、カッパ二人分、非常食、救急セット、コッヘル&お湯沸しセット、水5L、ヘッドランプなどでミレーのザックが久しぶりにパンパンになり少々重かったです。
できれば身体を慣らすためにも1時間は歩きたかったかな…
ラムも嬉しそうに快調に歩いてくれました。
山頂の気温は12度くらいでとても涼しかったです。
写真は下山時に霧が少し晴れて見えた景色。
c0027383_02472.jpg

下の小さい画像は元画像で手前の木立と遠くの景色と分けて画像修正しています。
c0027383_033834.jpg


登山以外では飛び込みのフリー練習が20日の日曜日以外毎日あり、22日と23日の午前と夜の3回行ってきました。
20日は大会があったけど参加しませんでした。
来月も神奈川県で大会があるようで、初心者のカテゴリーに出れば優勝できるレベルで来年からは初心者のカテゴリーには出れないから優勝するチャンスだよと上級者の人達にせかされてるけど試合はちょっとなぁ…と思い不参加の予定です。
今年の二月にまだ全然飛べない時に騙されて大会に出そうになりもう騙されないぞと思ってます。
今日は101A、B、Cと401を主に飛んで良い感じに飛べました。

最近助走の動作を少し変えてから膝が痛くなるんですよね…
けっこう負荷がかかっているようで足腰を少し鍛えないとと思ってます。
本格的に登山を再開すれば足腰が鍛えられて丁度良いかもなんて思ってます。
[PR]
by santaro_03 | 2009-09-23 23:43 | 野外活動

9年連続200本安打

イチローやりました!
春のWBC決勝戦で逆転決勝打を打って世界一になってからずっと9年連続200本安打が気になっていました。
シーズン前にWBCがあり胃潰瘍で出場が遅れて、先日は怪我で出場停止になったりして大丈夫か?と心配していましたが今日見事に達成!
200本目はホームランを狙ってくるかな…なんて思っていましたが、イチローらしい内野安打での達成でした。
108年ぶりの記録更新って凄いですよね。
この記録を破られる時は100年後?!
こんな偉大な選手が日本人で同じ時代を過ごしている事がとっても嬉しいです。
残りの試合も怪我をせずがんばって下さい。

日本のプロ野球もそろそろクライマックスに近づいてきました。
今年は巨人にリーグ優勝して日本一になってもらいたいなと思ってますが…
巨人ファンではないんですが、シーズンが始まる前の大変な時に監督と選手をWBCに送り出して大変だったと思うのでできれば巨人が優勝。

200安打達成してほんと良かった!
[PR]
by santaro_03 | 2009-09-14 23:59 | 日々徒然

富士山

先週ルチャドール副隊長から
『富士山に登るからストック貸して』
とメールが来た。
詳しく話しを聞くとホセと前泊(夜中に五合目に到着して車内で仮眠)して夜が明けきらない早朝から登り始めて山頂を目指すとのこと。
夏の富士登山はあまり興味がないけど五合目で車中泊はかなり興味あり。
五合目だと星がきれいに見えるんですよね。
以前から一度五合目で車中泊してみたいと思っていた。
車中泊と言っても所有しているクルマは後ろのシートを倒すとフルフラットになり、そこへシュラフマットを敷いてシュラフで寝るととっても快適に寝れます。

c0027383_0362062.jpgルチャドール副隊長は富士登山に向けてホセのザックをネットで注文したらしいが、ザックの入荷予定が登山当日になるかもしれない事に気がつきどうしたものかと悩んでいる様子だったので、使っていないコロンビアの35Lザックを貸すことになり飛び込みの帰りに渡してきた。
金曜日までに注文してあるザックがやはり入荷が遅くなるようだったら、近所のアウトドアショップでザックを購入するのでいちおう保険として借りておくとのこと。
三太郎としては貸したザックはもう何年も出番がなく使ってないので日本一高いところへ連れてってあげて欲しいと思っているんだけど…
凧も持って行く?と言ったら却下された。

先月友人がゼロ合目から富士山山頂を目指し登った。
山小屋で一泊して見事登頂。
その友人は火を起こす道具を持っていないと言うので、万が一の事を考えて火を起こす道具くらい持って行った方が良いと言ってEPIのガスストーブとコッヘルを貸してあげた。
以前大勢で富士山に登った時途中から台風のような天候になり、山頂ではトイレに避難してみんな寒さでガタガタ震えていたが、その中に火を起こす道具を持っていたのは三太郎だけでビックリ仰天。
トイレの管理人に火を使う許可をもらい、お湯を沸かして白湯とコーヒーをみんなで回し飲みして身体を温めた。
何が起こるか分からないので装備は大切です。
そんな事でEPIのガスストーブとコッヘルも先月日本一高いところへ連れて行ってもらった。
持ち主の本人は登る予定なしだったりします…
でも山頂で凧をあげたいんですけどね。
[PR]
by santaro_03 | 2009-09-10 00:43 | 日々徒然

飛び込み60回目

飛び込みのレッスンへ行ってきました。
今日は401をメインにやろうと思い、練習前に男のK先生と相談。
401はあまり集中してやった事がなく、練習の最後に2本だけ飛んだりと言った感じであまりしっくり飛べた感触がなかった。
でも先生と話しをしているとどうもそこそこ飛べているような会話で新しい種目の話しもでてきた。

ウォームアップして後ろ棒とびを数本飛んだ。
後ろ棒飛びってなんだか久しぶりで動きがしっくりこなかった。
女のY先生が4群にいっていいですよと言うので自信がなかったがとりあえず1本飛んでみた。
うまくいかなく身体が伸びないまま撃沈してK先生から色々とアドバイスをもらった。
2本目、身体は伸びて入水したがショートしている感じでダメだなぁ…と思いながら水面に上がるとみんなが拍手していてビックリ。
足が開いていたけど他はアドバイス通りできていて良かったらしい。
3本目、やっぱり入水時にショートになっている感じでダメだなぁ…と思いながら水面に上がるとまたまたみんな拍手してくれた。
K先生が水面に上がってくる時にガッツポーズして良いですよと言ってくれたが、まったく上手く飛べている感触がなかったので、上手く飛べてますか?と聞くとガッツポーズしていいくらいにきれいに飛べてますよと言ってくれた。
上手く飛べている感触がない事を言うと、うまく飛べているのでしっかり感触を掴むようにと言われた。
その後も401を飛んで終了。
401はあまり飛んだ事がなかったので無我夢中でやっている感じでまったく余裕がない状態でした。
自分では実感がなかったけど上手く飛べていたようなので良かったのかな…
[PR]
by santaro_03 | 2009-09-09 23:58 | 飛び込み

ラフティング

c0027383_23422240.jpgラフティングへ行ってきました。
今日は天気も良く気温も上がり川遊びには絶好の天気でした。

最近雨が降っていないので7月に行った時よりも水量がまったくなく水位は-5.7m。
7月が-4.67mだったので1mも水位が低い状態。
そんな事でメンバーには泳ぎに行く感覚で…と伝えておきました。

水温も高かったので水の中に入っても気持ちが良くて、一番の急流ポイントを通過後ラフトボートをわざと引っくり返してみんな川に沈して川の流れに身を任せて流されたり泳いだり。
しかし富士山の伏流水が流れ込んでいるところの水は冷たかったです。

後半は日が沈みかけてきたので風が吹くと少し寒い感じだったけど、良い夏の思い出になりました。
来月午前中ラフティングで川を下りながら川岸のゴミ拾いをする清掃ラフティングで午後バーベキューをやるようです。
もう10月はちょっと寒いかもしれないですね。
c0027383_23423828.jpg

c0027383_23425324.jpg

[PR]
by santaro_03 | 2009-09-06 23:43 | 野外活動

9月

気が付けばもう9月に入っているんですよね。
最近夜はめっきり涼しくなりました。
今年の夏は涼しくて過ごしやすかったです。
暑いのが苦手なのでちょうど良いのですが、夏は暑くないと経済や食糧事情にも影響があるので涼しく過ごしやすいのも困りものです…

今年は7月に入ったら川へ多く出かけようと思っていたのに梅雨が長く、梅雨が明けたら地震があり、山間部の川へ行った時に余震があったりして土砂崩れで道路が寸断され帰って来れなくなるとマズイのであまり行けなかったです。
ちょっと残念な夏でした。

日曜日にラフティングへ行く予定、夏らしい行事はこれが最後かな…
写真はお世話になっている人に送った暑中見舞いに使った写真。
ひまわりって夏の花で暑いイメージがあるので、涼しげに見えるように色調整して画像処理しました。
この他に茶太郎をモデルにした暑中見舞いも作りました。
c0027383_0551145.jpg

[PR]
by santaro_03 | 2009-09-04 00:57 | 日々徒然