<   2009年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ノラ猫のおんぢくん

いつも庭においてあるご飯を食べに来るおんぢくん。
ご飯がでてくるまでジッと庭の石の上や塀の上で待っており、ご飯を食べた後も庭で昼寝をして過ごしたりしていた。
庭猫のクロとパンダくんもおんぢくんには一目を置いているようで、敵意を見せたりはしなかった。

そんなおんぢくんがもうかれこれ1ヶ月近く姿を見せなくなった。
以前も二週間くらい姿を見せなかった事があったのでそのうちひょっこり現れるかなと思っていたが、母がずっと姿を見せないと言っているので交通事故にでも遭ったのではと心配になった。
そんな事を思っていた先日の早朝近所の人が家にやってきた。
『○○幼稚園に猫の捕獲機が置いてあり猫が罠にかかっているようだけどお宅の猫では?』
と慌てた様子で言ってきた。
実家の近所に幼稚園がありそこで猫を捕獲しているようで、母はビックリしてクロとパンダくんが庭にいるか確認し、両猫ともいたのでホッと一安心。
知らせてくれた近所の人の話しではもう前から捕獲しているようで、最近近所の猫が見当たらなくなっていると言っていた。
母からその話しを聞いてビックリたまげて幼稚園へ電話。
園長に猫を捕獲しているのか?と聞いたところあっさり認めた。
話しを聞くと糞を多くして困っているので捕獲して、捕獲した猫は放していると言い以後はもうしないと言っていた。
動物指導センターに相談してやったと言っていたので、動物指導センターへ電話してみた。
幼稚園からの猫の預かりは今のところないと言っていた。

近所の人の話しでは以前から捕獲していたと言っていたのでおんぢくんは捕獲されてどこかへ連れて行かれてしまったのだろうか…(泣)
それにしても糞で困ってるからと言って教育機関である幼稚園が猫を捕獲するなんてビックリ仰天。
たぶん園児達はその事は知らないだろう…
もし知って園児達が幼稚園の職員達に質問したらなんて答えるんでしょう。
糞で困っているから捕獲したなんて言ったら、その子供は困ったら捕獲すれば良いと言う考えを植えつけられてしまうのではないでしょうか。
幼稚園としても捕獲なんて行為はやりたくないと思いたいが、たぶん園児の親達が子供が猫の糞を触って困ると苦情を言っているのかもしれない。
うんこくらい触ったら手を洗えば良いわけで、三太郎が子供の頃は野良犬が多くいて道路のあちこちにうんこが転がっていて、友達とうんこ投げ合戦をして良く遊んだりしました。
公園の砂場にも多く糞があったが全然気にしなかったし…
最近はなんでも抗菌なんて目につくので、ちょっとくらい汚い所にいた方が抵抗力がついて良いかもなんて思ったりもしますが、この幼稚園の対応は実際どうなんでしょうか…
困っているから捕獲なんて考えではなく、それならいっそ幼稚園で猫の面倒を見ちゃえって発想はしないんですかね。
園児の中には動物アレルギーや動物嫌いの子もいるかもしれないけど、みんなで面倒を見て世話をすれば命の大切さなどの道徳観も養えると思うけど…

話しはちょっとずれるけど、登山中や山間部近辺で熊に襲われて猟友会がでてきて即射殺ってニュースを見るとなんだかなぁ…といつも思います。
元々は熊たちの場所に人間が入っていくわけで、熊にしてみれば人間は侵略者なわけで、人間が動物達が食べる食料を開発や環境汚染などでどんどん失くしているんですよね。
なので食べ物を探しに山を下りたりするのは当たり前だと思うんですよ。
登山などは襲われないように鈴をつけたり声をだしたりして登山するんですが、もし熊に襲われても恨んだりはしません。
実際三太郎の手が不自由なのは動物に噛まれて不自由になってしまったけど恨んだりしてないし…
熊が生息しているところに熊が食べる木の実などの植生をしようなんて発想はしないのかな…なんていつも思います。

ちょっと話しがずれてしまいましたがとりあえずこの幼稚園ちょっといただけないですね…
この幼稚園を卒園したんですが悲しくなりました。
[PR]
by santaro_03 | 2009-10-28 23:32 | 日々徒然

ホームページ

昔から見てくれている方なら知っていると思いますが以前はホームページを運営していました。
主に撮影した写真、コンピューターグラフィックで描いた画像、DTMで作った音楽、それらを組み合わせたページなどをやっていました。
ブログタイトルの『one day』もホームページをやっていた頃の名残りです。

コメントを寄せてくれたのをきっかけにハードディスクのホームページのフォルダを見たらちょっと懐かしかったです。
今日は当時掲載していた画像を一部載せておきます。

クリックすると大きくなります。
c0027383_23124673.jpg

c0027383_2313984.jpg

[PR]
by santaro_03 | 2009-10-17 23:13 | 日々徒然

飛び込み71、72回目

飛び込みのレッスンへ行ってきました。
今日は午前中と夜の2回レッスンがありました。
前回まで103Cをメインで練習していて、男性のK先生がそこそこ飛べるので1種目をずっとやるよりも、他の種目と並行して練習した方が良いとアドバイスをしてくれ、201Aの種目を覚える事になった。

午前中のレッスンが始まる前にK先生が午前中は後ろ入水と2群の棒飛びをやって、いけそうだったら後ろのジャンプ入水辺りまで考えていきましょうと言ってくれた。
最初は助走棒飛びを数本飛んだ。
相変わらず女性のY先生から細かい注意を受けてなかなかクセが直らない。
少し103Cを練習しようと思ったが、最近飛んでいなかった101Aを気分転換に飛んでみたところなんだか良い感じに飛べてビックリ。
Y先生も久しぶりに101Aを見たけど別人のようだと言ってくれた。
以前は101Aは腰が曲がってしまいそれを直そうと苦労したがなかなか直らず、K先生があまりムキになって練習するよりも、他の種目をやっていくと自然と直ったりするのであまりムキになってやらない方が良いとアドバイスをしてくれそれ以来あまり飛んでいなかった。
上級者の人からも凄くきれいに飛べていると言ってもらえてちょっと嬉しかった。
101Aは数本飛んで終了。

その後後ろ棒飛びを数本飛んで後ろ入水を数本飛んだ。
後ろ入水は苦手なんですよね…
なかなかきれいに飛べなく大変でした。
その後K先生が板を少し揺すりながら後ろ入水をやるように言ってくれたが、板を揺すりながら後ろ入水はなんだか難しそうだ…と思いながらやってみたらジャンプ入水になってしまい背中から落ちて撃沈。
K先生がジャンプ入水になっているので次からはジャンプ入水でいきましょうと言ってくれ、その後は後ろのジャンプ入水を数本飛んで午前中のレッスンは終了。
ジャンプして手を上にあげた時に右の手の動きが強いようで、身体をひねった感じになってしまい真っ直ぐにジャンプできなかった。
K先生が夜スパッティング(トランポリンで宙吊り)で201の感覚を掴んでいきましょうと言ってくれた。

夜のレッスンは最初は助走棒飛びを数本飛んで後ろ棒とびを数本飛んだところでK先生がスパッティングで201Aの動きを指導してくれた。
201Aは後ろ向きに立ってジャンプして手を横に広げながら仰向け(お腹を天井に向ける)になり頭が下になって入水。
K先生のアドバイスによると自分が思っている以上に真上に飛ぶ感じで飛ばないといけないらしい事がわかった。
スパッティングが終わり最初は2群の後ろ棒飛びを3本飛んだところでY先生とK先生が飛べそうだからいってみようと言ってくれ飛んでみる事に。
K先生がもし背中から落ちそうな感覚があったらブリッジの姿勢になって落ちればそんなに痛くないですよと言ってくれたが、マズイと思ってブリッジの姿勢をとる余裕なんてないよなぁ…と思った。
って言うよりも、ヘルニア持ちなのでブリッジすると腰が死にます…

1本目、背中から落ちる事はなかったが少し斜め上に飛んでいるような感じだったが感触は良かった。
K先生も足が広がっていたけど感触は良いと言ってくれた。
2本目、先ほどよりも感触がよく空中でフワ~とした感覚で今回も背中から落ちる事がなかったが、まだまだ飛ぶ角度が斜めだった。
上級者の人からも目線が最初から上になっていたと注意をもらった。
3本目、とにかく上に飛ぶぞと思い飛んでみたら今までにない空中でのフワ~とした感覚で入水時も感触が良く、水面に上がってくるとみんな拍手してくれていた。
先生から細かい事を言うと入水時にプールを見ていないので入水時は頭を上げてプールを見るように、他は完璧でしたと言ってくれた。
プールサイドに上がると女性の上級者の人が踏み切りも良くて手の動きも大きくてダイナミックですごくきれいでかっこよかったと言ってくれた。
他の上級者の人からも初めてでここまで飛べるとは凄いよと言ってくれ、みんな最初は背中から落ちまくりだよと言ってくれた。
こんなに誉められるのは初めてなのでそんなにきれいに飛べたのか?とちょっと嬉しくなったが、きっとビデオで見るとイメージとかけ離れているに違いない…
でもとても良い感触で飛べたので、この感触は忘れないようにと思ったがその後は同じ感触で飛べる事はなく終了。
後ろ入水が苦手なので201はかなり苦労すると思っていたけど初めてにしては感触が良かったので良かったです。
でもちょっと腰が痛くなった…
[PR]
by santaro_03 | 2009-10-17 22:57 | 飛び込み

体育の日

c0027383_23582889.jpg体育の日の連休。
昨日は先日に続き大谷崩れへ行って来ました。
装備はツェルト、昼飯(二人分&ラムの分)、防寒着(二人分)、カッパ(二人分)、非常食、救急セット、コッヘル&お湯沸しセット、水4L。
天気も良くて空気も澄んでいました。(気温は17度)
できれば大谷崩れを登りきったところまで行きたかったけど前回と同じで中腹辺りで昼ご飯にして引き返しました。
ラムは今日も元気に歩いてくれて嬉しかったです。
ただ前回は昼ご飯を食べたあと引き返すつもりでいたら自分から登り始めたが、今回は自分から下山を始めたので中腹付近で満足だったのかな…
以前は吹雪になって引き返そうとしたらまだまだ行く気満々で山頂付近をジッと見つめていた事があり(ここを参照)、頼もしく思った事もあったが、もう無理はできないのでラムの意思に任せて行動する事に。
三太郎は前回よりも余裕がありだいぶ山に慣れてきた感じでした。
できれば今度は登りきって久しぶりに大谷嶺にでも行きたいですね。

同じ町内に友人(今年の夏富士山を0合目から山頂へ登り、9月の一ヶ月間イタリアで過ごしたヘンタイな友人)が住んでおり、早朝ケータイにメールがあった。
今日学区内の運動会があって玉入れと綱引きとリレーに出るんだけど三太郎さんは出ないんですか?と書いてあった。
返信する時間がなかったので登山から帰った夜『三太郎家は登山部門の大谷崩れ中腹でお昼ご飯を食べて引き返す競技にエントリーして参加してきました』と返信しておきました。

今日は水泳場でイベントがあり、体験飛び込みもあったので手伝いに行ってきました。
手伝いと言っても一般の方がキケンな飛込みをしないか監視員をやっただけなので、とくに手伝いと言った感じではなかったです。
それよりもシンクロの公開演技がありそれがちょっと楽しみでした。
飛び込みの練習の時、同じダイビングプールでシンクロの人達(小学生から高校生)が練習しているんですが、練習風景を見ているとけっこうハードで厳しいんですよね。
日頃厳しい練習を見ているのでその成果が見れるのではとちょっと楽しみにしていました。
迫力があってとっても良かったです。
飛び込みの練習は全然厳しくなく和気あいあいと言った感じでやっています。
シンクロの人達とは目指しているものも違うし趣味程度でやっているのでしょうがないですが…
もし先生が厳しくて鬼コーチみたいな先生だったら何人残るのかなぁ…なんて時々思ったりします。
ただ厳しい練習風景を見ているとちょっと懐かしく思ったりします。

小学生の頃から野球をずっとやっていたんですが、練習は正月の三が日以外毎日あり(試合があると正月の休みもなくなる)、練習は平日は17時~19時まで、試合がない土曜日日曜日は14時~19時までで、練習中は一切休憩なしで夏の炎天下水も飲んじゃダメ。
練習終了後にボールの数を数えてボールが足りないと30分以内に見つけないと、ボール一個につきグラウンド10周走らなくてはならなく、ボールが足りないとみんな必死で探しました。
たしか3個なくなった時があり30周走った記憶が…
それと1ヶ月に1度恒例の100本ノックがありこれが地獄でした…
スクイズの練習はコーチがわざと顔をめがけて投げてくるので、バットにボールを当てるのに必死でした。
失敗するとうさぎ跳びでグラウンド5周でした…
夏の暑い日はクラクラしながら練習してましたが誰も倒れる人もいなく昔はみんな丈夫でした。
今こんな感じで練習やったら親からクレームがきそうですね。
当時は当たり前のようにやってました。

体験飛び込みとシンクロの公開演技の時にテレビの取材が来ていてニュースで放送されていました。
男性のK先生がインタビューを受けている所も放送されており、テレビで見てもK先生はカッコイイなぁ…と頷いてしまいました。
そんな体育の日の連休でした。
c0027383_0293390.jpg

[PR]
by santaro_03 | 2009-10-12 23:53 | 野外活動

飛び込み66、67回目

今日は午前中と夜飛び込みのレッスンがありました。
午前のレッスンは以前もあったレッスンが新しく始まった。
新たに一人入ってきました。
最初は助走棒とびをやって助走の動きを女性のY先生に見てもらいました。
いつも注意される事がなかなか修正できず納得いく助走ができません。
その後男性のK先生に変わり、K先生が午前の練習は102(前回練習した一回転)を主にやって、夜の練習でスパッティングで103(一回転半)の動きをチェックしてうまくいけば103を飛ぶところまでもっていきましょうと言ってくれて102を主にやりました。
前回レッスンを受けてから動きのイメージを頭の中で描いてはいたんですが、いざ飛ぶと飛ぶのに必死でイメージしていた事を忘れてしまい、相変わらず無我夢中状態でした。
そんな事で午前のレッスンは終了。

夜のレッスンに入る前にK先生が103やってみますか?と聞いてきたのでお願いしますと言ってトランポリンでスパッティング。
久しぶりに宙吊りになりました。
しっかり抱えるのが大変だけど、回転の勢いは良いのでそのイメージでいけばOKと言われスパッティング終了。
最初は空いている台で板踏みと助走の練習をして助走棒飛びを数本飛び、助走をつけない回転を数本飛んだ。
その後助走をつけて102を2本飛んだところで103に挑戦。
先生が抱えから手足を伸ばすタイミングで声をかけてくれると言ってくれ飛んでみた。
1本目、回転をつけようと意識したようで前に飛んでしまい手を伸ばす事ができないまま着水して頭を水面に打って撃沈。
衝撃が強烈で頭を思いっきり殴られた感じでした…
2本目、ちょっと回転の勢いが足りなく先生の声がかからず足を抱えたままの状態で着水。
1本目と同じで頭を強く打ち、打った瞬間に"キーン"と耳鳴りが…
ちょっとクラクラしました…
先生が回転が足りない感じだったので声をかけなかったけど、手足を伸ばさないでよく我慢していましたね~あの落ち方だったらそんなに痛くないと思いますよと言ってくれたが、頭がもの凄く痛くクラクラ状態。
プールサイドに上がって順番を待っている間、こんな落ち方をしていたらこの後身体がもたないな…と思い、必死に今まで教わったのをイメージした。
3本目、なんだかよく解らない状態で入水時手をしっかり伸ばせないまま入水したが頭を強く打つ事がなく入水。
だいぶ良い感じになってきたと言われたが、本人はまったくワケが解らない状態だったが頭を強く打たずに済んで良かったと少々ホッとした。
4本目、今度もなんだかよく解らない状態でさっきと同じように手をしっかり伸ばせていない感じだったが、頭を強く打たずに済んで水面に上がるとみんな拍手してくれていた。
先生が真っ直ぐ入水できていましたよと言ってくれた。
手が真っ直ぐ伸ばせていない事を言うと、初めてでこれだけできれば十分でビデオカメラで飛んだところを見せたいくらいだと言ってくれた。
でも実際にビデオで見ると自分がイメージしているのとはほど遠い感じで飛んでいるに違いない…

頭がクラクラするし、先生も今回はこのくらいでと言ってくれ103はこれで終了にして401を飛ぶ事に。
最初は後ろ棒飛びと4群の棒飛びを数本飛んだ。
その後401へ。
抱えたと思ったらなぜか回転がついてしまい背中から着水。
プールサイドに上がると上級者の人から『今日はグイグイ回って凄いですね、402いけそうですね』と言われたが、401をやろうとしたと言ったら腕の動きが抱えの動きではなく回転の動きになっていたとアドバイスをもらった。
ずっと回転をやっていたので身体が勝手に回転の動きになっていたようでちょっとビックリした。
修正できるのか少々心配になったが次はなんとか飛べたが、どこをどう修正したのかまったく解らずでした。
まだ少し時間があったが頭が少しクラクラするのでその後はプールサイドでみんなが飛ぶのを見ることにして練習終了。

他の種目もそうなんですが、飛んでいる時は無我夢中でまったく余裕を持って飛べないんですよね。
103などは初めてなので仕方がないけど、いつも飛んでいるのはもっと余裕をもって飛べるようにしたいです。
それと回転している時の視界ってどんな風に見えるんだろう?と以前から興味があったが、回転している時は何にも見えなくほとんど記憶がない状態でした。
慣れればまた違うんでしょうか…
[PR]
by santaro_03 | 2009-10-03 23:59 | 飛び込み

カッパ

雨降りの日にちょこっとその辺へ出かける時に防水性が良かったノースフェイスのウィンドブレーカーを着てよく出かけてました。
ナイロン地で擦れるとシャカシャカ音がするような生地でできていて、保温性はないけど薄くて軽いのでとても気に入っていたが、劣化のため裏地が剥離してボロボロになってしまい、着ていると裏地がボロボロ落ちてゴミを撒き散らす感じになってしまった。
代わりの物を探していたがなかなか良い物が見つからず、結局モンベルのレインダンサーのジャケットを先日購入。

主に雨降りの時に着るし保温性は必要ないのでカッパでいいじゃんって事になった。
でも見た感じカッパってわかるのも嫌だしと思い、先日東京へ行ったついでにモンベルショップへ行きいくつかある種類の中から実物を見て購入。
昨日雨だったので早速着たらなかなか良いです。
とっても軽いし雨はよく弾いてくれるし、なによりゴアテックスなので蒸れにくいのが良いです。
以前着ていたノースフェイスの物は透湿性がまったくなかったので蒸れたりして裏地が汗をかいている事が何度かあった。
ただカッパは現在3種類持っているので、それなら持っているカッパのジャケットを着ればいいじゃないか…と思ったが、持っているのはモンベルのストームクルーザーとレインフィルダーだかレインダンサー、ノースフェイスのゴアテックスの超軽量のカッパ。
ストームクルーザーは登山用に買ったので色が派手なのでダメ、レインフィルダーだかレインダンサーは京都にある大徳寺の修行僧氏から貰ったものでもったいないのでダメ、ノースフェイスのゴアテックスの超軽量のカッパは薄すぎて日常で使うと破れそうでもったいない…
そんな事で日常ガシガシ使いたいので別に買うことにしました。

モンベルショップなのでほとんどの商品が揃って展示してあるので前から気になっていたムーンライトテント3型を見たいなと思ったが、設営してあるものがなくスタッフバッグに入っている物しか見れなかった。
テントは二人用の物は山岳用のテントしか持っていなく、前室が狭いのとキャンプ場で使うと周囲のキャンピングテントと比べるとちょっと恥ずかしいくらいに小さく見える。
キャンピングテントは大掛かり過ぎて設営も面倒なのでパスで、本当はMSRのフューリーが欲しいけど価格が高すぎるのでパス。
アライテントのドマームかエアライズDXフライ仕様もいいかな…と思ったが、けっきょく山岳用テントみたいなドーム型なのでう~ん…って感じ。
ムーンライト3型は昔懐かしい三角のテントなのが魅力的。
月明かりの中でも素早く設営ができるのでムーンライトって名前なんですが、友人が1型を持っており、キャンプした時に設営を見ていたらほんとに簡単そうだったので、3型も設営がラクそうなのも魅力的。
とっても欲しいけどコンパクトデジカメも欲しいので悩み中…
最近アウトドアの物がモンベル製品が増えてきた。
中越地震のボランティアでモンベルから無償で用具を提供してくれ大変助かったのでできるだけモンベルを使うようにしてます。
c0027383_0323785.jpg

写真はモンベルのサイトから拝借、影は画像処理しました。
クリックするとちょっと大きくなります。
[PR]
by santaro_03 | 2009-10-01 23:59 | 日々徒然