人気ブログランキング |

ウェア

先日のスノーシューハイクは富士山って事でウェアをちゃんとしたものを着ていった。
アンダーウェアの上はモンベルのジオラインEXP、下はミズノのモンベルと同じような製品。
中間着として速乾性の薄手のトレーナーにジャケットはモンベルのドロワットパーカ。
パンツはモンベルのライニングアルパインパンツ。
他にモンベルの薄手と厚手のフリースを一枚ずつ携帯。

なんでモンベル製品が多いかと言うと新潟の被災地での活動に装備を無償提供してくれた恩と値段が安いから。
で、ジャケットのドロワットパーカを先日のスノーシューハイクで初めて着用した。
このジャケットを買ったのはもう2、3年前で、スタッフバックが付いていて小さくたためるので今まで登山に持っていったけど、着用する事は一度もなかったんです。
それで先日初めて着て活動したところ、やっぱりアウトドアメーカーのウェアって良いですね。
歩きながら身体を動かしたりしても窮屈さがないし、歩いていて暑くなっても素材がゴアテックスなのであまり蒸れた感じがしなくとっても快適でした。
なんで今まで登山の時に着なかったんだろう…?
と、帰りのクルマの中で考えてしまいました。

c0027383_123367.jpgたとえばこの写真の時、昨年一月の爆弾低気圧が通過中で大雪で強風の中で登山した時の写真。
この時のウェアは、アンダーウェアの上はユニクロのヒートテック、下はノースフェイスの冬用のサポートタイツ、中間着は薄手の速乾性のトレーナー、ジャケットはモンベルのゴアテックスのカッパ。
パンツはノースフェイスのスリーシーズン用のパンツ。
今考えるととっても恐ろしい格好です。
保温性がないものばかり着てます。
唯一ユニクロのヒートテックがあるけど、極地では着てはいけないと南アルプス登山で実証済みなのに…
まったく舐めた格好ですね。
凍傷になりかけて当たり前の格好でした。
こんな時にモンベルのジャケット着て行けよって感じですね。
これからガシガシ着ていくつもりです。

ところでモンベルの製品ってあんまり若い人が着ているのを見かけません。
若い人はノースフェイスやパタゴニアなどを着ているのをよく見かけます。
ちょっと羨ましく感じるけどとっても価格が高いのでモンベルでいいんです。
これからもモンベルを着ていくと思います。
でもザックはあまりモンベルは良くないですね。
とくに大型のザックは…
by santaro_03 | 2008-02-19 01:23 | 野外活動