人気ブログランキング |

2009年 05月 18日 ( 1 )

飛び込み37回目&図書館

昨日は先週の土曜日に新しく始まった飛び込みのレッスンへ行ってきました。
昨日はいつも教えてくれる先生が休みで4月から新しく入った女の先生がメインで教えてくれる事になった。
始まる前に先生と相談して101ABCを中心にやっていく事にして最初は棒飛び、後ろ飛び、助走棒飛び助走抱えと順番にやっていった。
先生が助走の動作についてけっこうアドバイスをしてくれちょうど助走の姿勢や動きをもっとつきつめてやりたいと思っていたので101はやめてずっと助走棒飛びをやる事に。
今までと先生が違うので新鮮な発見などありなかなか充実した感じでした。
ただアドバイス通り動きができたかどうかは微妙だけど、今後にいかせそうです。
レッスン終了になり居残りで3mから入水とジャンプ入水をやって2本101Aを飛んで終了。
101Aは姿勢などまだまだだと思うけどなかなか感触が良かったです。
助走をずっと練習していたのでそれが良かったのかも。
次回の飛び込みのレッスンがちょっと楽しみです。


昨日の夜は近所にあるレストランへ行く事に。
初めて入る店だったが以前から気になっていて、ハンバーグが美味しいらしいと噂を聞いていたので行ってみた。
店に入ってビックリ!
なんかフツーの喫茶店のようでした。
さらに壁一面の棚には山登り関係の本がビッシリと並んでいてここは図書館か?と言うくらい沢山の本が並んでいた。
注文したあとどんな本があるんだろう?と本棚を眺めているとマスターが
「お客さん山登り好きなんですか?」
と聞いてきたので今は登っていないが以前はよく行ってましたと言うとどの辺に行くのか聞いてきたので南アルプス周辺がメインとこたえた。
南アルプスはどの辺に行ったのか聞いてくるので茶臼岳、上河内岳とあとその手前の山はしょっちゅう行っていたとこたえた。
さらにマスターが茶臼岳は何月に登ったの?と聞いてきた…
11月の半ばとこたえると半端な時期に登ったんですね~水はどうしました?と聞いてくるので雪はないと思い水場は凍ってると思ったので必要な分だけ持って行ったと言うと、11月半ばだとやっぱりそうなりますよね。
かなりの重量になったでしょ、何時間くらいかかりました?とさらに聞いてくるので重くてヘロヘロになり茶臼小屋まで9時間くらいですかねとこたえた。
雪が降る季節なら雪を溶かして水にすれば良いけど雪がなくて水場が凍っている半端な季節は大変ですよねと言っていた。
そんな事より早く注文したハンバーグ作ってくれ~!と思いながら本棚にあった一冊の本に目がとまり、少し読んだらその後が気になり家に帰り本をアマゾンで注文しようと思ったが、どうやら絶版になっているようで古本しかなかった。
古本で370円ほどであったが送料が350円以上するのでなんだかなぁ…と思い、ネットで図書館にあるのか確認して今日借りてきた。
借りた本は
『空へ エヴェレストの悲劇はなぜ起きたか』
内容は日本人女性を含む多数の死者を出したエヴェレスト登山隊に参加、無事生還した作家が著した遭難記録。
以前二度ほどディスカバリーチャンネルでエベレスト登山のドキュメンタリー番組を見て興味があったのと、以前爆弾低気圧が通過中の吹雪の中登山をしてその時に自分に起きた心理状態が今まで経験した事がない状態だったので、著書の人はどんな思いをしたのか興味があったので借りてきた。
先ほどまで読んでいたけどまだ最初の部分で高所順応のトレーニングが始まった段階。
今後どんな展開になっていくんでしょうか…

自分が体験した事に比べればエベレストは問題にならないくらい次元が違い比べものにならないけどあの時焦った心理はハッキリ覚えてます。
今思うとたいした事はないんだけどあるはずの山小屋が見つからなくて少し焦った。
(ホワイトアウトであと10mも歩けば山小屋があった)
その後低体温症と軽い凍傷で腕が痺れてきて指先は感覚がなくなっていた。
(登山前に必要ないと思い雪が多い時に使うグローブをクルマに置いてきて軽装備にしてしまった)
低体温症で凄い脱力感に襲われ歩くのがフラフラになり歩けなくなったらどうしよう…とかなり焦った。
ビバークする分の装備と食料は持っていたので少しは精神的に余裕はあったけど、吹雪を避けて休憩中物凄い後悔してすごく弱気になってこのまま動けなくなったらどうしよう…とずっと考えていた。
けっきょくお湯を沸かして白湯を飲んだらメキメキと体力が戻ってきて無事下山できたんだけど、あの時の心理状態は今まで経験した事がなかったので貴重な経験でした。
by santaro_03 | 2009-05-18 00:00 | 飛び込み